2021年12月28日 17:30

「もし野生のイノシシが街中で突進して来たらどうする?」→正解の動きがあった

 

野生のイノシシが突進してきたら
長い人生、道端を歩いているときに野生のイノシシが突進してくることがあるかもしれません。

「そんなこと言われても、とっさに避けるなんてムリ……」と思いきや、お手本がありました。

Jaw dropping fakeout on a charging wild boar. : Reddit

なんと余裕のあるかわし方!

突進するイノシシに気づいても、何気なく心の準備だけをしておいて、ギリギリまで近づいからさっとかわす。

感心するしかないですが、こんなことが起こる日がいつか来るのでしょうか。とりあえず方法は学べました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●そのイノシシは恥ずかしそうだ。

↑あまりに恥ずかしくて、毎晩寝るたびにこのミスを思い出すんだ。

↑イノシシ「突撃だ!」
男性「無理だよ」
イノシシ「なるほど、またね」

●こんな巨大な殺人ブタが歩道で突進してくるって、いったいどこの国なんだ。この男はまるで1日に3回はあるかのように行動している。

↑東欧または旧ソビエト圏。
彼らはクマの周辺で暮らしていて、クマにどうリアクションすべきか知っている。それがイノシシになっても一緒。

↑アメリカ南部かな? 野生のイノシシはアメリカではとても攻撃的だよ。ハワイになると、めちゃくちゃ破壊的。

↑スペイン(田舎)かも。やつらは厄介者だよ。

●自分ならそこに座り込んで、いったい何が起こったんだと混乱する。

↑「これをされたことが信じられない」

●イノシシの全てのキャリアを台無しにしたな。

●オーレッ。

●そんな恥ずかしそうなイノシシは見たことがない。

●イノシシ「わかったよ。もう行くよ」

●その男性のふるまいは、絶対に初めての経験ではないと思う。

●自分なら100%死んでた。

●イノシシの突進で死ぬこともある。歯が強くて頭骨を噛みくだくのもいる。野生のイノシシは優しいお隣さんではない。

●走って逃げるのではなく、カジュアルに歩いて去るのが不思議。彼は幸運だったが、イノシシがUターンして襲うことは可能だ。恥をかいたのでもう突撃してこなかっただけだ。


野生のイノシシは危険なだけに、この男性の余裕っぷりが信じられない人ばかりでした。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。