2022年01月05日 15:30

フィランドのヘルシンキ中央駅にある巨大な石像は…ワクチン接種済みだった

 

ヘルシンキ駅前にある彫像はワクチン接種済み
ヘルシンキ中央駅の正面には4体の巨大な石像があり、こうして照明を掲げています。

どうやらこの石像、すでに予防接種済みであると話題になっていました。

These statues in front of a finnish train station are vaccinated. : Reddit, RivkahPro - Pixabay

おっ、本当だ!

左の上腕部に、でかでかと絆創膏が貼ってあります。

フィンランドでは石像まで予防接種を打っていたのですね。

ちなみにこの石像たちは、いろいろな行事のたびに変化があるそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●おおおおおお! 行ったことあるよ!
それはヘルシンキのダウンタウンで、立派な建物だよ! フィンランド語の通訳者つきでアメリカ最後の審判日の説教者までいたよ。

↑ヘルシンキ中央駅だ。見たことあると思ったんだよね!

↑そうだよ、アールデコ炸裂。
(※アールデコは「装飾美術」を意味するフランス語。1910〜1930年代に流行したアールヌーボーに代わるムーブメント)

↑もと伝道師だけど!
アメリカ伝道師によってフィンランドは怖いところになった。ポストキリスト教で、宗教はほとんどの人にとって役割が皆無か少しだけである。
だが大多数の人はルーテル協会の会員であると言い、その税金も払う。そのシナリオはアメリカを恐怖に陥れる。なのでバプテスト教会が宣教師を送っていても理解できるね。

●ロックバンドのKISSがヘルシンキでパフォーマンスをしたとき、その石像は彼らの顔にペイントされたよ。

↑KISSだけでは説明が足りないのを見て、歳をとったと実感した。

↑自分もそれを見た。
それから、この駅はEliel Saarinen(エリエル・サーリネン)氏によってデザインされた。アメリカでセントルイスのゲートウェイアーチや、ダレス空港、ジョンFケネディ空港などを建築したEliel Saarinen(エリエル・サーリネン)氏の父親。

●ヘルシンキ! 9月に行ってたよ。そのときはマスクを着けてたよ。

↑そのとおり。ユーロ2020の開催期間はフィンランド代表のシャツを着ていた。


マスクやKISSなど、よく衣替えをしている石像だとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。