2022年01月07日 00:13

カリフォルニア州の病院で生まれ年の違う双子が誕生

 

誕生日の違う双子が生まれる
双子の誕生日が必ず同じ日になるとは限りません。

アメリカ・カリフォルニア州で、非常に珍しい生まれ歳違いの双子が誕生しました。

双子が生まれたのは、カリフォルニア州モンテレー郡の病院。

15分違いで生まれたのですが、兄のアルフレッドちゃんが産まれたのは12月31日、妹のアイリンちゃんが産まれたのは1月1日の午前0時ぴったりでした。

ちょうど年明けのタイミングで出産となったことから、生まれた年の違う双子となったとのこと。

双子が年をまたいで生まれる確率はなんと200万分の1だそうです。

お母さんのファティマさんは「驚きと喜びが一緒に来た」と語っています。

こうしたケースでも年子と呼ぶのか気になるところですが、この一家では毎年にぎやかな年明けカウントダウンになるのでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。