zeronpa / URL
2022年01月12日 00:16

「若い人には、この4人が何をしているか意味不明かも…」今では考えられない対戦ゲームの工夫

 

昔のマルチプレイヤー
今は手軽に対戦ゲームができる時代ですが、かつてはいろいろと苦労がありました。

オールドゲーマー4人が対戦している姿をご覧ください。

Old Days Multiplayers : Reddit

テレビの画面に貼り付けられた、十字の形をしたダンボール。

インターネットが主流となる以前は、テレビ画面を2分割や4分割して対戦するゲームも少なくありませんでした。

ゲームによっては他のプレイヤーの画面が見えてしまうと、手の内が見えてしまうため、こうした工夫をして遊ぶゲーマーもいたのでした。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●チート対策としては、現在のシステムよりずっと効果的だ。さらにチートが発覚したら、すみやかに残酷な罰を与えられる。

(投稿者)全くその通りだ。多くの友情がチートが原因で壊れたのを知っている。

↑これをやってみたかった。しかしこういう状況でチート(覗き)をしないのはムリだな。すぐそこにあるし。

●「おい、オレの画面を見るのはやめろ!」

↑「見てない、見てない」
「その角度で30秒見てただろ!」

●ゴールデンアイ(任天堂64)を分割画面で対戦したのは良い思い出。
XboxのHaloで各自の画面で対戦したときは、初めて未来に生きていると感じた。

↑わかる。友人宅で体験したあと、夏にバイト代を貯めてXboxを2台買った。自分用と弟用にね。別の部屋に置いてリンクさせ、友人らを呼んで、チーム別に分離したよ。

●相手の画面が見えてしまうのは当時は大問題だった。兄弟を蹴ったことを懺悔する。当時の分割画面の対戦ゲームにおける共通の問題だった。

●スポーツマンシップを感じる。

●自分が子供の頃は、友人と4台のテレビに繋いだゴールデンアイに夢中になったよ。
でも敵が見えないのも難しくて、また分割画面に戻った。今でもどうやってそれをやれたのかわからない。

●みんな弱いな。他人の画面を覗くのもゲームの一部だろ。みんなやってたさ。止められないからね。だから文句言うのはやめろ。みんなやってるんだ、お前もやっていい。

●この写真は液晶のフラット画面で工夫がない!
我々の90年代のブラウン管では、ダンボールをカーブに合わせて正確に完璧に形を整えていた。


昔のゲームを見ると便利で進歩していることが実感できますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。