2022年01月12日 13:29

2本角のカブトはバイキングが起源ではなかったことが判明…3000年前の青銅器時代

 

2本角のカブトはバイキングが起源ではなかったことが判明
バイキングといえば2本角カブトを連想する人も多いですが、実際のバイキングは2本角カブトをかぶっていなかった説が有力です。

その起源についても、バイキング時代よりはるかに昔の時代であったと、デンマーク・オーフス大学の考古学者が研究結果を発表しました。

1940年代にデンマーク・ビクスで発掘された青銅製の2本角カブトは、当初はバイキングのものだと考えられていました。

しかし最近の調査の結果、紀元前900年頃(今より3000年前)の青銅器時代のものであることが判明。(バイキング時代は8世紀〜11世紀)

2本角カブトがバイキング起源ではないことが明らかとなりました。

ちなみに2本角カブトがバイキングの象徴のようになったのは、後世の創作物による影響で、バイキング時代の絵画にそうした描写はほぼ見られず、出土もしていないとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。