2022年01月22日 14:17

「新型コロナはSF映画を台無しにしたと思う、なぜなら…」反響を呼んでいた理由

 

新型コロナはSF映画を台無しにした00
この2年のパンデミックは世界中に大きな影響を与えました。

特にSF映画が台無しになったとツイートしている人がいました。

Another thing Covid has stuffed up : Reddit, 8385 - Pixabay

新型コロナはSF映画を台無しにした01
@Curtis_Cook / Twitter

CovidはSF映画を台無しにしている。例えば、
映画「時は3004年、エイリアンが太陽を爆破しようとしている」
それを見て「納得だな」となるが、映画は「それから世界は団結して……」と続く。
そこで自分は「違うよ、全く団結しなかったんだ」となる。

つらい……。

SF大作では人類が団結して強大な敵に立ち向かうことがありますが、パンデミックでは世界がいかに団結できないかを思い知らされたとのこと。

一丸となって問題に取り組むのは難しいのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「政治家ってやつは、直面した現実を完璧に無視する」という、多くの映画にありがちな設定は現実っぽくなったよ。

●「ドント・ルック・アップ」を見るといい。
(※世界の世論が対立するブラックコメディ映画:ドント・ルック・アップ - Wikipedia

↑「ドント・ルック・アップ」はこの地獄のような光景を、とてもうまく表現している。

↑その映画は落ち込むけど説得力がある。2008年以降に起きたことは何でも当てはまる。

●全てのゾンビ映画は、1人のサイテーなやつがゾンビに噛まれて、それをみんなから隠すところから世界に広がっていくんだ。

↑ジェブは汗を吹き出しつつ「これは…これは……単なるすり傷だよ」「ゾンビなんて現実じゃありえないよ」

●エイリアンが太陽を爆破するのはメディアが広めたプロパガンダだよ。

●パンデミック後に「インデペンデンス・デイ」を見ると、以前よりフィクション臭く見える。

●陰謀論に対する自分のいつもの答え「人に会ったかい? テキトーな3人を1つの部屋に1日中入れておくといい。最後には4つの政治家の地位と殺人が起きている。

●もしエイリアンが表立って堂々とやれば、世界は団結して阻止するだろう。
もしエイリアンが否定して、職を増やすことを提案すれば、どんな証拠があっても世界を団結させることはできない。

↑その楽観さは見当違いである。
もしエイリアンが表立って堂々とやれば、一番最初に起こることは、アメリカ人の半分がもう半分はエイリアンと組んでいると言い出すであろう。
そして非難された半分が、エイリアンの支配が起こらないようにするための手段を提案する。するともう半分が「ほらね、これが全くエイリアンと手の組んでいるやつのすることだよ」と言い出す。


人類が一丸となって団結するのは……基本的には難しいようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。