2022年01月23日 13:11

本物の大金庫の中にドラッグストア…元銀行だったシカゴの店舗

 

銀行からドラッグストアになった店
アメリカの大手薬局チェーン「ウォルグリーン」の中で、最も特徴的な店舗はシカゴの旗艦店"Vitamin Vault"なのだとか。

古い銀行の建物の設備を残した、いわゆる"居抜き"で営業しています。

外観も銀行らしさを残していますが、最も特徴的なのは大金庫の扉をそのまま残していること!

ドラッグストアに来たのに、なんだかドキドキしそうです。

かつての持ち主だったノエル州立銀行は1921年から2005年まで続き、2012年にウォルグリーンが引き継ぎました。

扉を閉じれば薬局のセキュリティとしてはオーバーキルな設備ですが、そもそも24時間営業とのことです。

アングルによっては物々しい金庫の設備がそっくり残っています。

場所はミルウォーキーアベニューの北西の角。本来なら大金持ちかルパン三世くらいしか、こんな場所に来れないと思うと刺激的ですね。


VITAMIN VAULT? - YouTube/Exploring With Patrick

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。