2022年02月05日 00:14

琥珀の中に9900万年前の花…完全な形で発見される

 

琥珀の中に9900万年前の花
琥珀は天然樹脂が化石となったもので、虫や恐竜の一部などが閉じ込められていることがあります。

ミャンマーで白亜紀の花が閉じ込められた琥珀が発見されました。

発見されたのは9900万年前のフィリカ属"Phylica"の花で、現在の近縁種とほぼ変わりがないとのこと。

正確な出現時期がわかっていない被子植物の初期のものと見られ、どのように被子植物が誕生したかの手がかりになるのではと期待されています。

(参照:現代のフィリカ属の花)

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。