2022年04月25日 13:18

サウジアラビア行きの飛行機に乗った男性「窓から翼を見たら…落ち着かないんだけど!」

 

マンチェスター空港からサウジアラビアに発つ飛行機00
マンチェスター空港からサウジアラビアに発つ男性が、窓の外に見える翼を見て、落ち着かない気持ちになったそうです。

撮影して子供に送った写真をご覧ください。

マンチェスター空港からサウジアラビアに発つ飛行機01
Reddit/grunt786

飛行機の翼に……グレーの影?

よくよく拡大してみると、テープだらけ!?

ダクトテープ(スピードテープ)は飛行機の補修によく使われるそうですが、さすがにこんなテープだらけだと、大丈夫なのか落ち着かない気持ちになると言うもの。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ところで、彼は死んだのか?

↑これは彼が送った最後の写真なんだ。

●いったいその翼のダクトテープは何なんだ? オレなら飛行機から降りる。

↑イランのほとんどの飛行機はダメになっているか古い。最後に乗ったときは翼から何かが落ちたのが見えた。イランの飛行機に乗る最後となった。

↑これはスピードテープと呼ばれるもので、飛行機によく使われるもの。さすがにこれは多すぎだけどね。

●サウジアラビアに行くなら、もう何も気にしないんだと思われたんだ。

●これは翼というよりテープの写真。

↑いつか全体がテープになる。

●航空機エンジニアをしている。これは一般的に航空機の小さなアイテムに使われるスピードテープだけど……この写真の使い方は想定を超えてる(笑)。

●公平に言うと、そのテープは航空機の外装より長持ちしそうだ。

↑もう飛行機全体をそのテープで作ったらいいのでは。

●お父さんは投稿者に「愛してるよ、天国から見てるよ」と言ってくれたのかい?

●この飛行機はボーイング787に見える。
合成材を使っていて、塗装接着に亜硫酸処理をしている。スピードテープと呼ばれる特別なタイプのテープがその部分を覆うのに使用されている。
航空塗装のほとんどはカーボンファイバーではなくアルミなどの材質。ボーイング社はこの問題は表面的であり、飛行機の構造上の整合性には影響を与えないと主張している。

↑「単なる傷です。心配ありません。強くて安全性に定評がある弊社を信頼ください」 ―多分ボーイング社

↑実際にそうだよ。唯一の例外は737maxで、それが教訓となったので二度とないとは思う。


いくら大丈夫だと言われても、搭乗する飛行機の窓からこれは見たくないですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。