2022年05月25日 00:03

「犬たちの墓に置かれたものを見て、ほっこりした…」天国で喜んでるに違いないエピソード

 

犬たちのお墓に置かれたもの
犬の寿命は人間より短く、いつかは愛犬とお別れする日がやってきます。

犬たちが埋葬されている墓地で、それぞれのお墓に「あるもの」が置いてありました。

Someone placed a small stick on each of the dog graves in this cemetery : Reddit

お墓の上に置かれているのは……木の枝!

全ての墓石に1つずつ。

先立った犬たちが遊べるように、棒を集めてわざわざ置いてくれた人がいたようです。

これできっと寂しがらずに済みますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●(※墓石に彫られた犬たちの名前)
ラムチョップ、サンディ、ティミー、フレデリック・ヴォン・コー男爵という進み具合が気に入った。

↑ミスターチョップをどうぞ。

↑それは自分のお気に入り。

●フレデリック・ヴォン・コー男爵が、犬の天国ですばらしい時を過ごしていますように。

↑自分もそう願う。だって地上のその(棒の)配給は扱いが悪すぎるからね。そんな小さな汚い棒だなんて。

●これはどこなの? とてもスイートなんだけど。

↑さては犬の棒を盗もうとしてるんだな。

↑よし、たくさん棒があるからな。ここにあるやつじゃなくてもいいからな。

↑これはミネソタ州のイーストグランドフォークスかなぁ。
スパーキーという名前と日付が、うちで飼っていた犬と一致する。
もしそうならそこには子供時代を共にした犬がいるってこと!
誰か知らない親切な人ありがとう。それが自分の犬であろうとなかろうとね。

↑家の近所にもこれがあるといいのに。

●ペットの墓地が存在することは知っていたけど、50年も前からあったとは知らなかった。気に入った。

↑古代ギリシャの犬の墓碑銘。
「15年前、おまえを家に連れて帰ったときの喜びと同じだけ、おまえを安らかに眠る最後の場所へ運びながら、私は涙する」

●ペットの墓地を知らなかった。私の小さなペットも印のない穴より、墓石を与えてあげられたらよかった。

↑うちの父親はいつも小さな墓石を、それなりのサイズの石から私達に作らせていた。
引っ越したときは遺体は残さなくちゃいけなかったけど、墓石は持っていき新しい家の庭にミニ墓地を作った。奇妙かと思うかもしれないが、自分は気に入って、よくそこに行った。

↑「ペットセメタリー」という映画(ホラー)が、自分が墓地に行かない理由の気がする。

●今朝、レインボーブリッジ(天国への架け橋)を渡った犬の飼い主として、この投稿は余計に心に刺さった。誰がしたのか知らないが、美しい心の人で、素晴らしいよ。


天国でも棒をくわえて走り回る犬たちの姿が想像できますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。