2022年08月08日 00:23

「ガソリンスタンドを取り壊したら…100年前のコカコーラの壁画が出てきた」

 

100年前のコカコーラの壁画
コカコーラがアメリカで発明されたのは、およそ150年前の1886年。(コカコーラ社の設立は1892年)

ペンシルベニア州リッジウェイのガソリンスタンドを取り壊したら、お隣の壁からコカコーラのイラストが現れました。

こちらがその壁。

1925年頃に、隣にガレージを建てたことで隠れてしまったのですが、取り壊したことでおよそ100年ぶりに出現したのだとか。

壁に隠れていたせいか保存状態はなかなかのもの。

そして、コカコーラのロゴは100年前もあまり変わっていなかったのですね。

壁の所有者である骨董品店は、かつての状態を復元したいと語っているそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。