2022年08月14日 14:38

「ひいおじいちゃんの1926年の通知表が出てきた…評価を見て複雑な気持ちになった」

 

ひいおじいちゃんの1926年の通知表00
自分のご先祖様がどんな人だったのかは気になるところ。

海外の人物が、ひいおじいちゃんの1926年の通知表を紹介していました。

約100年前の成績表をご覧ください。

ひいおじいちゃんの1926年の通知表01
(credit:Report card from my great-grandfather in 1926 : Reddit

項目は大きく3つに分けてあり、

学習態度
・なまける
・時間を無駄にする
・学習中の注意不足
・多すぎる助けを得ている
・簡単にあきらめる
・向上が見られる
・とても称賛すべきこと

朗読
・予習をしないで来る
・努力が見られない
・めったにうまくできない
・不注意
・昇格の危機
・大きく向上する可能性
・学習の低下が見られる
・学習テストが難しすぎる
・向上が見られる
・とても申し分なし

品行
・落ち着きがない、不注意
・いたずらをする傾向
・他人にいやがらせ
・ささやき声が多すぎる
・向上を見せている
・大変良い

現代の通知表と比べるとネガティブな項目が目立つ気がします。

それはそれとして、かなり叱られていた生徒という感じが伝わってきますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「向上する可能性」の項目が、最初の2か月しかチェックがないのが気に入った。先生はその希望をあきらめたんだ。

↑彼は新学期の9月から年末のホリデーまで成長し、12月の後は「くそくらえ」となってるね。

↑そこが一番お気に入りのところ。

↑11月によくなり始めた。だがクリスマスに興奮し、その後は下降していった。

●彼の12月の唯一の傾向が「ないしょ話」なのも気に入った。

●少なくとも彼は無礼ではなかった。

↑嫌がらせはするが、無礼ではない。

↑学習障害があったのではと思わせる。

↑私が最初に思ったのはADHD。

↑自分もそれを言おうと思った。それについてのデジタル化の仕事をしているが、当時はADHDが知られてなかったので、この子をかわいそうに思う。

●「大きく向上する可能性」(爆笑)。
10月のあと、先生は「そうだな、彼はちっとも期待ほどよくなってないな」みたいにね。

●いたずらをする傾向(笑)残酷だな。

●ないしょ話(ささやき声)の王。

↑子供のときそんなに、ささやいていないことに気づいた。

↑インターネットが私達がささやく必要性を盗んだんだ。

●悪いことのカテゴリが多く、うまくやっているカテゴリは少ない。

●彼が11月と12月はよくやっているのに気づいた? これはサンタのためだな。(笑)


他の生徒と比較しないとなんともですが、ひいおじいちゃんもまさか子孫によって100年後に世界中にさらされるとは思ってなかったことでしょう。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。