2022年12月03日 13:28

アメリカ人がショック「我々の73.9%が肥満だった、アジアは24.2%なのに…」

 

アメリカ人の73.9%が肥満
肥満大国と言われるアメリカ。

近年ますます深刻化しているようですが、とあるアメリカ人がWikipediaのデータを見てショックを受けていました。

TIL that 73.9% of North Americans are overweight : Reddit

Human body weight - Wikipedia)のデータによると、

2005年の過体重人口の比率
アフリカ:28.9%
アジア:24.2%
ヨーロッパ:55.6%
ラテンアメリカとカリブ海地域:57.9%
北米:73.9%
オセアニア:63.3%
世界全体:34.7%

肥満の基準もさまざまですが、アジアと比べると歴然とした違い。

アメリカはこの数年で肥満化が極端に進んでるとのことなので、さらに差が付いていることでしょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●すでに自分が240ポンド(約108kg)もあることが信じられない。
高校のときは185(約81.6kg)で適度だった。だけどデスクワークを始めてから210に膨れ上がり、17年で55ポンドも増えた。元の体型に戻るべき時期だと思う。なぜなら毎日仕事で精神的に打ち負かされているので、健康を通して自分の人生をコントロールしたい。

↑できるよ!
僕も2年前に235ポンドに達し(20歳のときは190)、断続的に断食して糖分を減らし、走ったら2〜3か月で210まで落ちた。今はそれをキープ。

●今月7ポンド(約3kg)痩せた。肥満ではなくなるまで、あと74ポンド痩せないといけない。

↑どのいくつのステップでも正しい方向なら成就といえる! そのペースなら「1年以内」には肥満ではなくなる。がんばって!

●10年前の時点で、これをわかっていた。

↑Wikipediaのデータは10年以上前のものだよ。

●この3か月で25ポンド(約11.3kg)痩せて、今朝はBMI25に達するまで2ポンドのところまできた。肥満から普通のカテゴリーに入るまでもう少し。

↑おめでとう、がんばって!

●人生ずっと肥満だったのだが、ようやく健康的な体重になってきた。気分はすばらしい。

●正直に言うと、ヘルスケアで働く自分は、仕事が患者の治療からライフスタイルの扱いに代わってきた。ひどいライフスタイルに言及せずには何も向上しない。20代の患者がBMI40なら問題がある。

↑自分はBMI26くらいだが、みんなに痩せすぎと言われる。

●これは無視されている流行だね。

↑本当にそう。年配の我々は世界が今より細かった時代を知っている。
子供の頃は太かったけど、女の子のジーンズでプラスサイズのオプションはなかった。だから男の子のジーンズを選ぶしかなかった。そのときサイズは14だった。今のアメリカ女性の平均サイズは16。新しい世界になった。

↑ダイエット関係の死亡率は交通事故死より多い。薬物の過剰摂取、自殺や殺人なども入れてだけど。

●今がんばって50減らしたところで、さらにもう50減らすつもり。応援して。

●アメリカは世界では最も車に頼るインフラ。歩かないのはどれくらい影響してるのだろうか。

↑大きな原因だよ。大学では20歳くらいのとき1学期だけ小さな歩ける都市へ留学した。ほとんどの大学生のように飲み食いをして、車はなくて公共の乗り物と徒歩で過ごした。すると他に生活態度は変えなかったが3か月で15ポンド痩せた。

●3月に222ポンドだったが、今日156ポンドになった自分としては、74%に含まれていないことを誇りに思う。


75%が肥満だと、もはやそれが標準に思えてしまいますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースの話題をお届けするブログサイトです。