2023年12月25日 22:18

「カナダの凍った湖でアイススケートをすると…すべてが丸見え」

 

カナダの凍った湖でアイススケート
冬の寒冷地では、凍った湖でアイススケートをすることも可能になります。

透明度の高く空を飛んでいるような気分になる、カナダの湖のスケート風景をご覧ください。

Reddit/Piraxerie

氷の透明度が高く、湖面の下が丸見え。

落っこちそうな気分にさえなります。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●それは美しくて、正直に言うと少し不安を引き起こす(笑)

↑「少し」? そんなことをしたら自分ならめちゃくちゃ怖い!!

↑地元の入り江も一度このように凍ったことがある。まるで水の上を歩いているような、数フィートの水深に数インチの完璧に透明な氷が張った。うちの犬は1日中びっくりしてたよ。

↑うちの愛犬は夏に魚を釣るのが好き。ある冬に氷の中で2インチほど中に凍っている魚があり、触れられないので怒っていた。

●息を呑むほどである。死体を見つけるには最高の条件。

↑自分メモ、死体はもっと暖かい湖に沈めること。

↑そうすると、膨張して上に浮いてくる。冷たい水は膨張を抑えて体を保存し、再浮上を不可能にする。だから、深い冷水のほうが遺体を沈めるには最適。

↑スペリオル湖(カナダとアメリカの国境にある五大湖の1つ)は決して死者を放出しないと言われている。
水温が低いため、細菌の繁殖が抑制され、膨張が起こらない。バクテリアは死体を消化する際にガスを発生させるが、それがなければ膨張も浮上も起こらない。

●偽の骸骨をブロックに鎖でつないで、夏に仕込むんだ。

↑1つだけではなく、複数を1列に。

↑ううう、まるで家族みたいに。犬さえも。

●日本の十和田湖でカヤックを漕いでいたとき、同じような深い澄んだ水の景色に出くわした。まるで空を飛んでいるような気分で、落ちそうな気分になった。クールな光景で意味もなく緊張した。

●木が多いね。

↑そうだろう? だから、下を見渡せない水面に頭から飛び込んではいけないんだ。水面下には首が折れそうなものが多すぎる。

●泳げない私にとって、これは恐ろしい。

↑泳げる者として、(カナダで)ライフガードの訓練を受け、氷の危険性について学んだ者として。あなたが怖がるのはまったく正しいと言える。冷たい水は1分以内にあなたを死に至らしめる可能性がある。

●自分なら、ここでスケートは怖くて無理。


美しいけれど怖いと感じる人が多数でした。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースの話題をお届けするブログサイトです。