2024年05月24日 18:48

中国人留学生「クレカの限度額を引き出して帰国した…返す気はない」海外の反応

 

中国人留学生が限度額を引き出して逃亡00
とある中国人留学生が、アメリカから帰国する際に投稿した内容が話題になっていました。

クレジットカードから限度額を引き出し、中国へ逃亡したと海外掲示板に書き込みました。

Reddit/Fuzzy_Worldliness_96

中国人留学生が限度額を引き出して逃亡01
「限度額100万にしたクレジットカードを使い果たし、アメリカから逃亡しました……。
ネット民の皆さん、私は大学を卒業して、もうすぐ出発します。
中国に帰国する前に、いろいろな銀行のクレジットカードを使い果たしました。個人カードとビジネスカードで合計14万ドル(約2200万円)! 100万人民元に相当!!!
この3年間、私をサポートしてくれたチェイス、シティバンク、アメリカン・エキスプレスに心から感謝します。
あなた方の銀行サービスは素晴らしいものですが、私は常に、自分が中国人であり、中国を復興させることが自分の使命であることを忘れていません。
私の人生における初の大金を、祖国に貢献するために使わせてください! これはアメリカ帝国主義への強烈な一撃でもあります! 最後のアメリカの資本家たちへの最終的な教訓です」

本当なのか虚言なのかは不明ですが、まるでドラマか何かのような強烈な煽りを含む文面。

カードを使い果たして海外逃亡が本当に可能なのか謎ですが、中国とアメリカは犯罪人引渡し条約を結んでいないので、もしかしたらあるかもと思わせる内容です。

(参照:犯罪人引渡し条約 - Wikipedia

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●どうなるのか、本当に見てみたい。

↑何も起こらない。こういうことは常にみんなしているよ。カード会社が打撃を受けるだけだ。彼のアメリカでの信用は失墜するが、もし彼が戻ってこなければ、他国には影響しない。技術的には債務不履行は違法ではない。

↑文字通り、彼が米国で働いたり、不動産を購入したりすることを望まない限り、何も起こらないだろう。

●母親の元彼も同じようなことをした。母親に別れを告げずに姿を消した。でも、彼は私に携帯電話を買ってくれたので、今もそれを使っている。

↑大学時代にスーパーマーケットでバイトしていたとき、ある男性客が何の家電を買おうか迷っていた。いつもの軽いジョークで「私に何かを買うのはいかが?」と言っら彼は映画「ラウンダーズ」を買ってきて、さらに私に携帯電話を買おうとした。99%盗んだクレジットカードだったと思う。映画をありがとう。

●公平に言えば、無担保でこの男に14万ドルを貸し付けた銀行にも責任があるように思う。

↑その通りだ。自分は未だにこの担保を得ることができないので、銀行が大学生にこの種の制限を渡していることに困惑している。

↑「銀行に100ドル借りたら、それはあなたの問題です。銀行が100万ドル貸してくれたら、それは銀行の問題だ」 J・ポール・ゲッティ

●投稿者の話は疑わしい。10年前に国際的な大学院生だったけど、研究助手として収入を得ていたし、数年前のインターンシップでクレジットヒストリーがあったにもかかわらず、クレジットの限度額は本当に低かった。地元の信用組合の学生用クレジットカード以外は、ほとんどのカードの審査に通らなかった。

●アメリカの銀行はそれを帳消しにして債権回収業者に渡すだけだ。彼らは中国にいる彼を捕まえられないし、中国の銀行は彼がアメリカで借金があっても新たなクレジットを申し込もうと気にしないだろう。銀行機関は送金をしない限り、お互いに情報を共有することはないからね。
また、銀行が政府に通知する必要がある送金基準額(通常は1万ドル以上)を超えない限りは、政府は注意を払わない。
知人は他国で借金があり(それほど大きくはないが)、オーストラリアに移り住んで住宅ローンを組み、車を持ち、おそらくクレジットカードも持っている。

●おそらくこれは、中国人留学生がローンを借りて返済しない陰謀について語る、奇妙な外国人嫌いの以前の投稿に対するジョーク返答だ。

↑納得。あの口調は怒りを煽っているようにしか見えなかった。

●銀行をかわいそうに思う人はいない。


真実味は高くないかもしれませんが、国をまたいだ問題について考えさせられます。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースの話題をお届けするブログサイトです。