カテゴリ : ちょっといい話

2020年05月30日 00:47
 

長い毛がからまっていた猫を救出00
アリゾナ州の施設"Arizona Humane Society"で保護された、この毛の塊は……4歳の野良猫なのだとか。

長毛種のため定期的にカットしないと、このような悲劇的な状況になってしまうそうです。

ていねいに毛を分離して、かわいらしくなった姿をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年05月29日 00:21
 

犬の兄弟が偶然再会00
イギリスで犬の散歩をしていた2組の飼い主は、愛犬同士が見たことが無いほど興奮して抱き合う姿を見て驚きました。

毛色は白と黒で対照的ですが、見た目はそっくり……。

実はこの2匹、実の兄妹だったのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年05月27日 13:00
 

ICU・集中治療室
多くの国の医療施設が戦場のようになっており、医師や看護師は危険と隣り合わせです。

新型コロナウィルスに感染し、回復後にすぐに現場に戻らなくてはいけなくなった医師の父親の姿を、海外掲示板に投稿している人がいました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年05月21日 23:43
 

行方不明の犬00
イギリス在住のドロン・ピアソンさんは、昨年に自宅の庭から秋田犬のミッシーを盗まれてしまいました。

悲しみに暮れていた彼でしたが、およそ1年後にインターネットでミッシーの姿を見つけたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年05月21日 00:14
 

子鹿を世話する犬00
アメリカ・オハイオ州の牧場で暮らすジャーマンシェパードは、オス犬でありながらベビーシッター向きの性格をしているそうです。

たとえ面倒をみる相手が、バンビのような子鹿であっても……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年05月20日 12:55
 

初めてお姉ちゃんと撮った写真00
アメリカでは血縁関係にない他児を養子にするケースが多く、そのような話はたびたび出てきます。

22年前に養子になったと言う男性が「初めてのお姉ちゃんとの写真」を投稿していました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年05月16日 22:26
 

弱っていた犬をケア00
インドネシアのバリ島で、やせ衰えて犬種も不明のみすぼらしい野良犬を男性が保護したところ……。

毛並みの良いハスキー犬だったことがわかりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年05月13日 00:14
 

ATMに巨額の現金、19歳学生が通報00
アメリカ・ニューメキシコ州のATMにこの札束が置いてあったのを19歳の大学生が発見。

見たこともない現金に仰天したそうですが、魔が差すこともなく速やかに警察に通報したそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年05月11日 00:07
 

アイルランドがアメリカ先住民に多額の寄付
新型コロナウィルスの感染者数が1位となったアメリカですが、アメリカ先住民に対してアイルランド市民が多額の支援を呼びかけています。

その理由は173年前。アメリカ先住民がアイルランドに170ドルの寄付をしたことに対する恩返しだそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年05月04日 00:14
 

病気の子猫をママ猫が病院に連れてきた00
病気の子猫をくわえて建物に入ってきたママ猫。

そこはトルコ・イスタンブールの病院でした。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年05月03日 00:10
 

インドのパパ、バイクを魔改造00
インド東部のアガルタラで暮らすパルタ・サハさんは、ロックダウン解除後に学校に復帰する娘のことが心配でした。

スクールバスに乗って通ったら、新型コロナウィルスに感染する可能性が高いと考えたのです。

そのため、有り金のほとんどを費やしてバイクを改造しました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年04月27日 12:19
 

祖母からぬいぐるみをもらった
欧米では、子供のときにぬいぐるみを与えられ、一緒に寝たりかわいがったりずっと大事にする習慣があり、ボロボロになるまで持っている人も多いようです。

1995年に大叔母からぬいぐるみの猫をもらい、毎晩一緒に過ごした人がいたのですが、大叔母が亡くなり整理をしていると、彼女はもう一つ新しいのを購入していたことがわかったそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年04月26日 23:59
 

家族写真どっきり
「誰も不幸にしないイタズラ」が大好きだという海外の女性は、自宅待機で退屈を持て余していたことから、高齢の両親に対してドッキリを仕掛けることにしました。

壁に掛けられた12枚の家族写真を1日1枚ずつ、クレヨンの似顔絵に置き換えたら……。

いったいいつ気が付くのでしょうか?


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ちょっといい話
2020年04月22日 00:24
 

テネシー州の警官が子供たちにハッピバースデー00
アメリカ各地でロックダウン(都市閉鎖)が続いており、誕生日を迎えた子供たちは家族以外に祝ってもらえずにいます。

そうした子たちをお祝いしてあげようと、テネシー州の警官が玄関付近まで訪問して「ハッピバースデー」を歌ってあげているそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年04月16日 12:29
 

素晴らしいトリビア00
パンデミックな時にこそ、ちょっといい話に触れていたいものです。

「あなたが知っている、最良のトリビア(雑学)は何ですか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年04月14日 23:27
 

ブラジルのキリスト像が白衣姿に00
新型コロナウィルスのパンデミックにより、世界中の医療現場が戦場と化しています。

命を賭して戦う彼らに感謝の気持ちを伝えたいと、リオデジャネイロ「コルコバードのキリスト像」が白衣姿になりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年04月13日 00:19
 

防護服に笑顔の写真
新型コロナウィルス感染者を受け入れている病院では、医療従事者はマスク、ゴーグル、防護服などの完全装備で患者に対応しています。

「表情すら見えない物々しい格好を見たら、患者の心は余計にすり減ってしまいそう……」

そう考えたアメリカの病院が、胸に自身の笑顔の写真を貼ることにしたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年04月10日 00:20
 

移植した両腕に変化00
懸命にノートに書き記そうとしている女性は、インドのシュレヤ・シッダナゴーダーさん。

彼女は2016年の18歳のときに交通事故で両腕を失い、男性ドナーの腕を移植手術しました。

当初は肌の色も違い毛深かったのですが、だんだん女性的な腕へと変貌して行ったのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年04月07日 12:20
 

消防士だけが可能なお見舞い00
新型コロナウイルスで入院すると、感染症防止のため、たとえ家族であってもお見舞いをすることは原則できません。

しかしながら、その例外に当たる職業もあるようです。

アメリカの消防士がはしご車を使って、窓の外から同僚のお見舞いをしました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  健康・医学
2020年04月03日 21:19
 

買い物したら車に野良犬がいた00
ブラジル在住のロドリゴさんが、ドラッグストアで買い物を済ませて車に戻ると……。「知らない犬が待ってる!」

犬は迷いなく車に乗り込むと動く気配がないので、ロドリゴさんは連れて帰ることにしました。飼い主を見つけるための考えがあったのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  動物
2020年04月02日 12:39
 

スピード違反の医者、警官からマスク00
アメリカの医師サロシュ・アシュラフ・ジャンジュアさんは、現在ミネソタ州ダルースにある新型コロナウイルス感染者の隔離施設に勤務しています。

そんな彼女はスピード違反を犯し、警察の取り締まりを受けました。

当然、違反切符を切られると思っていたところ……代わりに渡されたのはマスクでした。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年03月30日 00:08
 

外出自粛の中で誕生パーティ00
世界中の人々が新型コロナを警戒し、自宅でおとなしく過ごしています。

だからと言って、誕生日のお祝いなどを完全に無くしてしまうのはさみしい……。

そう思った人々が、いろんな工夫をしてバースデーを祝っていました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  面白ネタ
2020年03月26日 00:04
 

チワワにチートスを買ってきてもらう00
新型コロナウィルスの影響で世界中の都市で外出禁止や自粛の流れとなっており、多くの不便を強いられています。

メキシコの男性は、どうしてもチートスが食べたいけど感染のリスクを冒すわけにはいかないと悩んだ結果……。

愛犬のチワワに託すことにしました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年03月24日 00:10
 

シマウマの赤ちゃん
ケニアの動物保護区で、ライオンによって虎児となったシマウマの子馬が保護されました。

突然母親を失った子馬を動揺させないように、飼育スタッフはシマウマ模様の服を着ることにしたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年03月21日 22:33
 

永遠に子猫サイズのマンチー00
赤ちゃんにしか見えない猫の「マンチー」"Munchie"は、今後大きくなることはありません。

難病により、永遠に成長することはないのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年03月15日 22:29
 

孫のために魔法の宝を隠した00
ドラクエや指輪物語のような冒険をしたいという孫の希望に応えるべく、おじいちゃんが魔法の宝を隠し、地図を作って一緒に探しに行くことにしたそうです。

冒険者一行の姿をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年03月08日 15:57
 

バックトゥーザフューチャーの2人が再会
多くの人を魅了してきた名作映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。

30歳のときからパーキンソン病と闘病してきたことでも知られる、主演マイケル・J・フォックス氏も58歳となりました。

主役のマーティ役を演じた彼が、科学者のドク役を演じたクリストファー・ロイド氏と再会した写真が、SNSなどで大きな反響を得ています。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:映画  ちょっといい話
2020年03月02日 20:34
 

赤ちゃん全員にカエルのコスチュームを着せる
アメリカ・ペンシルベニア州の病院は、ある特別な日に生まれた赤ちゃんたちにだけ、カエルのコスチュームを着せる習慣があるのだとか。

かわいらしいカエルの子たちをご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年03月01日 14:34
 

うるう日生まれの25歳
今年は4年に1回の「うるう年」なので、2月に29日がありました。

ほとんどの人にとっては2月が1日多いなあ程度の認識だと思いますが、うるう日生まれの人にとっては4年に1回だけ訪れる大切な大切な誕生日。

1世紀を生きてきたおばあちゃんが「25歳」の誕生日を迎えました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年02月24日 18:52
 

車イス
アメリカの空港で、とある老夫婦の関係がほほえましいと人気を呼んでいました。

妻が夫にお願いして、車イスを押してもらった理由とは……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年02月24日 00:11
 

部屋の掃除
鬱(うつ)によってスランプだったという海外の人物が、部屋を掃除することで心も環境もスッキリすることができたのだとか。

掃除前と後のビフォー&アフターをご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年02月21日 21:33
 

アメリカで紛失した指輪、47年後にフィンランドで見つかる00
アメリカで1973年に紛失した指輪が、半世紀近く経ってからフィンランドの森で見つかりました。

指輪は3年前に他界した夫が、当時は恋人だった妻に贈ったものでした。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:男女  ちょっといい話
2020年02月20日 21:29
 

7月に助けた猫00
海外の飼い主さんが昨夏に、ボロボロの姿になっていたメスの子猫を拾い、カイロと名付けて飼うことにしました。

それから半年が過ぎ……。

手厚い看護によって見違えるほど美しい猫になった、ビフォー&アフター写真をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年02月20日 12:02
 

目が見えない人に色をどう説明するか
生まれつき目が不自由な人に色を伝えたいときに、なんと説明しますか?

そう疑問に思った人が、「赤、青、緑を言葉で説明されたことのある人」の例をネットで見つけ、感銘を受けたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年02月19日 00:09
 

1957年のハンドバッグ発見00
オハイオ州の学校のロッカーと壁のすき間に、70年近くも前のハンドバッグがはさまっているのを用務員の男性が見つけました。

学校側は持ち主を探すため内容物を公開、その結果、かつての女生徒のものだとわかりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年02月15日 00:15
 

バーテンダーの機転、客を助ける00
アメリカのバーで、1人の男性客が食べ物をのどに詰まらせて窒息しかけました。

それに気づいたバーテンダーが、1秒の無駄もなく助ける様子が監視カメラに収められていました。

スーパーヒーロー並みの立ち回る一部始終が大きな称賛を集めています。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年02月13日 20:39
 

9歳少年、アメが詰まった幼児を「ハイムリック法」で救う00
アメリカ・テネシー州で、3歳の幼児がアメをのどに詰まらせて苦しみ始めました。

あわてた家族が背中を叩くなどをしているのを見て、9歳のいとこティモシー君は「間違ったやり方だ」と確信したのです。

彼はネットの動画で見た応急処置「ハイムリック法」を試しました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ライフハック  ちょっといい話
2020年02月10日 18:00
 

サッカー選手と1歳児
自分と共通点がある人を知ると、共感できたり分かち合えたりすることがあります。

生まれつき左手がない女子サッカーの選手が、同じく左手のない1歳児にピッチであいさつする写真がほほえましいと話題を呼んでいました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  スポーツ
2020年02月10日 00:15
 

「ビール缶」のおかげで愛犬が見つかる00
アメリカ中西部のアイオワ州で暮らすモニカ・マディスさんは、3年前に失踪した愛犬を遠く離れた南東部のフロリダ州で発見しました。

奇跡が起きたのは……「ビール缶」のおかげでした。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年02月09日 00:13
 

ボルネオ島でオランウータンが手助け00
東南アジアのボルネオ島で毒ヘビの目撃情報があり、野生保護地区を管理する男性が駆除のために川に入りました。

すると、野生のオランウータンが近づいてきて、男性を気遣うかのように手を差し伸べる出来事が起こりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年02月07日 22:02
 

うちの娘が一番喜んだプレゼント00
小さな子どもが喜ぶプレゼントは意外なものが多く、値段に比例するとは限りません。

「うちの娘が最も興奮したプレゼントは…今までで最もお手軽だった」
と海外のお父さんが紹介する、喜びの姿をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年02月06日 22:00
 

漂着したスマホから、行方不明のカヤック乗りを救出00
アメリカ・フロリダ州南部の湿地帯をカヤックで独り旅していた男性(67歳)が遭難し、消息不明となりました。

ところが男性の携帯電話が岸に漂着。その座標データから居場所が割り出され、無事に救出される出来事がありました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年02月01日 19:16
 

3万円台で買ったロレックス、4千万円超の鑑定結果に00
元アメリカ軍人だという男性が1974年に345.97ドル(※)で購入したロレックスの時計を、テレビ番組で鑑定してもらったそうです。
(※現在のレートで約3万7000円、当時1ドル=300円とするなら10万円程度)

すると「千倍以上の40万ドル(約4400万円)の値が付く」と告げられ、文字通りに卒倒する結果となりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年02月01日 00:44
 

世界一悪い猫00
ペットの里親を募集するときは長所をアピールするのが基本かと思いますが、ノースカロライナ州の動物施設は、バカ正直とも思える里親募集の広告を掲載して話題を集めました。

施設で暮らすメス猫を「世界最悪の猫:不機嫌ではなくただの嫌なやつ」と紹介したのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動画  ちょっといい話
2020年01月29日 23:58
 

子犬の頭が車のホイールから抜けなくなっちゃった…00
子どもが頭を突っ込んで抜けられなくなるトラブルは、人間だけに起こることではないようです。

カリフォルニア州で、生後3か月の子犬がスペアタイヤのホイールから頭が抜けなったとの通報があり、消防が出動しました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年01月29日 00:02
 

ボロボロだった子猫を拾った00
昨年7月に子猫を拾ったテキサス州の夫婦は、とても弱っていたことから保護施設に連れて行きました。

しかし施設はすでにパンク状態で処分されてしまう可能性が高いことを知り、夫婦は獣医に看てもらってから自宅で育てることにしました。

その結果……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年01月23日 22:11
 

耳のない猫が毛糸の耳をもらう00
昨年末にアメリカ・ウィスコンシン州の保護施設で保護された猫のレディ“Lady”は、 両耳に重い感染症と血腫があり、痛みがひどいため切除することになりました。

「手術は成功したけど耳が無いことで、里親探しが難航するかもしれない……」

そう心配したスタッフは、耳付きの毛糸帽を作ってあげることにしました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2020年01月23日 00:22
 

ブラックホール・コーリアリー
イングランド北東部の村ブラックホールコリアリーでは、2014年からミステリーが続いてきました。
それは2000ポンド(約29万円)の札束が入った包みが路上に置き去られていたというもの。
(参照:あちこちから札束が見つかる村…イングランド北東部のミステリー

現代のロビンフッドとも言われたこの謎が、ついに解明されました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2020年01月22日 21:58
 

パパが娘のためにゼルダ専用コントローラーを作る00
アヴァ・スティールちゃんは遺伝性の麻痺を患っており、筋肉が硬直していることから手を動かすことに大きな制限があります。

クリスマスに任天堂スイッチを贈られて喜んだ彼女ですが、残念ながら満足に操作することができませんでした。

そこであきらめなかったのが彼女のパパ。娘にも操作できるコントローラーを自作することにしたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2020年01月22日 00:17
 

驚いた顔のハスキー犬
アメリカ・ニュージャージー州の動物保護施設で暮らすシベリアンハスキーのジュビリー(4歳・メス)。

生まれつき「まぶた」に異常があり、常に驚いたような顔付きをしているのが特徴です。

健康上の問題は一切ないものの、この2年ほど里親探しに難航していたことからFacebookで募集をかけたところ……150人以上の申し込みが殺到しました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。