カテゴリ : ちょっといい話

2017年06月24日 22:56
 

せまくても人気のパブ00
お隣同士は何かとトラブルも起きやすいものですが、イギリス中部ウェスト・ミッドランズに住む、メイメス夫婦とシェルドン夫婦は大の仲良し。

両家の間には、わずかなすき間があるのですが、彼らの仲を象徴するようなものを作ったそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話 
2017年06月24日 16:48
 

妹の結婚式の写真に亡くなった母が登場した00
海外のとある姉妹は、幼いときに母親を亡くしました。

それから17年の月日が流れ、妹が結婚式を挙げることになりましたが、やはり母がこの場にいてくれたらとの心残りがありました。

すると写真家の粋な計らいにより、亡き母を写真に登場させてくれたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年06月23日 11:34
 

お花に水を撒く消防士00
火事のときには大きなホースを抱え、水を放出する消防士たち。彼らは火災がないときは何をしているのでしょうか。

「お花に水をやる消防士たちを見かけた」と、海外掲示板で話題になっていました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年06月21日 21:03
 

3Dプリンターで息子の義手を作るパパ00
子どもの成長は早く、義手や義足などの補助器具を、体の成長に合わせて用意するのは簡単ではありません。

そのため海外のお父さんは、息子の義手を自ら設計し、3Dプリンターで作ることにしました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年06月14日 23:07
 

子を亡くした母猫と親を亡くした子猫00
母猫の「エンバー」は子どもたちを病気で亡くし、すっかり元気を失っていました。

その1週間後、街中で身寄りのない赤ちゃん猫「フレーム」が発見されました。

子を失った母と、母を失った子猫。ためしに引き合わせてみたところ……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年06月08日 23:22
 

退役軍人の墓を磨く男性00
祖国のために戦い、手厚く葬られた軍人も、時間と共にお墓参りをする縁者が減っていきます。

フロリダ州在住のアンドリュー・ルミッシュさんは、そんな忘れられかけた退役軍人たちの墓石を、ピカピカに磨き直す活動をしているそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:歴史  ちょっといい話
2017年06月07日 22:29
 

野良猫が家族を連れてきた00
猫が大好きだという家族が、近所のお腹を空かせている野良猫のために庭にごはんを置いてみたところ、毎日顔を出すようになりました。

そんな関係が続いていた3週間後のある日……。

玄関の前がとても賑やかなことになっていたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年06月06日 23:26
 

亡くなった息子の心音を聴いた母親00
ドナー登録をした息子が亡くなり、心臓を提供した相手と対面した母親がいました。

提供者の体を通して、再び息子の心音を聴いたとき……。

感情が爆発する様子をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年06月05日 12:28
 

国は破壊できても親の意思は破壊できない00
戦争、紛争、テロなどは世界各地で起きており、国や家を破壊されてしまった人々がいます。

「たとえ国が破壊されようと、子どもを喜ばせようとする親の意思は壊せない」と題された写真が話題になっていました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年06月03日 23:20
 

ブラジルのバス停で犬に布団00
南半球のブラジルでは、今(5〜7月)が厳しい冬の季節。

バス停で暮らす3匹の野良犬たちが、凍えるようにして身を寄せ合っていたことから、布団をプレゼントしてあげたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年06月02日 17:36
 

タスマニアの警察、酔っ払いを送っていく00
タスマニアはオーストラリア大陸南東部に浮かぶ島(北海道の80%の面積)で、人口50万人の自然に恵まれた土地。

現地の男性が深酒から目を覚ますと自宅のベッドで寝ていたのですが、どうしても昨晩の記憶を思い出せず、とりあえずスマートフォンを確認してみたそうです。

するとそこには、自宅まで送ってくれた(と思われる)警官2名が、ベッドの前で自撮りをしている姿が写っていたのです!


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年05月26日 22:00
 

男の子をファウルボールから守るマスコット00
こちらはアメリカ・フロリダ州で行われた大学野球の試合のワンシーン。

チームのマスコットキャラクターが、ファウルボールから少年を守っています。この後、誰もがほっこりするような展開が待ち受けていました。

動画をご覧ください。


続きを読む

mayuna3d | カテゴリ:動画  ちょっといい話
2017年05月23日 22:20
 

ふかふかのベッドを愛する犬00
犬のローラは保護団体によって救助されるまでの8年間、暗いガレージの冷たいコンクリートの上で暮らしていました。

今はニューヨーク在住の女性が里親となり、7週間前から一緒に暮らしています。

するとローラはかつての反動なのか、いつでも「ふかふかの場所」で寝たがるようになったとのことです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年05月22日 12:17
 

麻痺の子どものお墓00
子どもに先立たれた親の気持ちは想像を絶するものがあります。

生まれつき身体に麻痺のあった息子を亡くした父親が、天国に召されたわが子のために、特別な墓石をあつらえたそうです。

海外サイトで大きな反響を呼んでいたデザインをご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年05月16日 23:48
 

パパの寝相がキュート過ぎる00
つい最近赤ちゃんが生まれたばかりの家庭で、母子の横で居眠りするお父さんの姿がキュート過ぎると人気を呼んでいました。

赤ちゃんよりも注目されるほどの、お父さんの変わった寝相とは一体……!?

動画をご覧ください


続きを読む

mayuna3d | カテゴリ:動画  ちょっといい話
2017年05月13日 23:00
 

耳の聞こえない祖母と耳の聞こえない赤ちゃん00
満面の笑みを浮かべて見つめ合う、おばあちゃんと孫。

実はふたりとも生まれつき耳が聞こえません。両者のやりとりが世界中で多くの感動を呼んでいました。

動画をご覧ください。


続きを読む

mayuna3d | カテゴリ:動画  ちょっといい話
2017年05月09日 13:21
 

犬2匹のおねだり方法00
小さなベラと大きなハンクの犬2匹は、いつもコンビでごはんをおねだりしに来ます。

ただし普通のやりかたとは違うようで……。

「こんなお願いをされたら断れない!」と、うれしいような困惑するような2匹をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年05月07日 15:32
 

とある子どもたちが道路を渡る風景00
横断歩道のない道路を運転していると、そこには横断しようとする子どもの集団がいました。

幼児もいるので危険を感じていたところ……すでに渡り切った子どもの1人が引き返してきたのです。

大人顔負けのスマートな交通誘導をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話 
2017年05月05日 10:45
 

幼児のロウソクの火の消し方00
2歳のお誕生日ケーキの上にキャンドル。

バースデーソングの後に火を吹き消すのですが、小さな彼が何度やっても、吹き消せずにいました。

そこでパパが取った行動は……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年05月03日 22:36
 

アヒルと犬が親友に00
犬のバークレーとアヒルのルディは大の仲良し。

しかし最初は険悪な関係だったといい、アヒル小屋のエサを盗み食いに来たバークレーをルディが追い払っていました。

ところが追いかけっこを繰り返すうちに、いつしか親友となっていたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年05月01日 22:55
 

猫が見つめてくる00
保護された猫にウィルバーと名付け、新たな里親になったという海外の女性。

さて、このウィルバーくん、あまり人間とベタベタするのは好きではないようですが、飼い主の女性のことはとても気になる様子。

どこにいても何をしていても、じっと見つめてくるそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年04月27日 13:16
 

セリーナ・ジュール00
モスクワ出身の彼女の名前はセリーナ・ジュール。ごく普通の女性に見えますが、たった5年でデンマークの食料の無駄を25%も減らした人物です。

いったいどういう経緯なのでしょうか。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:環境問題  ちょっといい話
2017年04月26日 21:48
 

出張先のホテルでルームサービスと交流00
カスピ海の東に位置する国アゼルバイジャン。石油採掘をきっかけに急速な経済発展を遂げ、首都バクーは第2のドバイと呼ばれるほど近代化が進んでいます。

そこに10日ほど出張することになったビジネスマンが、宿泊先のホテルで退屈しのぎにちょっとしたイタズラをしてみたところ……。

ハウスキーパーとのささやかな交流が始まったそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ちょっといい話
2017年04月24日 20:34
 

ドイツの電車に猫が乗ってる00
ドイツ在住のパトリックさんは、地下鉄の車内で信じられないものを目撃しました。なんと茶トラの猫がスヤスヤと座席の上でお昼寝していたのです。

その光景になごんだパトリックさんでしたが、同時に不安を覚えました。
・人間に慣れているので飼い猫である可能性が高い。
・散歩の途中で乗り込んでしまったのなら、自力で帰るのは絶望的である。

そこで飼い主や心当たりのある人がいないか、SNSで呼びかけることにしたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年04月23日 19:31
 

アンパイアが少年にドッキリ00
スタジアムまで野球観戦に行くと、ホームランボールやファールボールなどをもらえることがあります。

小学生くらいの少年が、選手に直接ボールをもらって喜んでいました。ところがアンパイアが近づいてきて、「ダメダメ」と取り上げてしまったのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年04月20日 12:59
 

外国人「通販で日本からの輸入品を買った」00
海外のamazonで、日本の輸入品を扱うショップの出品物を購入した人がいました。

届いた箱を開封したところ、商品の他に手書きの手紙が入っており、とても感動したそうです。

文面をご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年04月16日 22:48
 

みすぼらしい猫がふさふさに00
ペルーのリマにある公園で、病気でほとんど動けずにいた生後3か月の子猫が保護されました。

発見した夫婦の看病によって元気を取り戻しましたが、みすぼらしい見た目としばらく医療費もかかることから、良い里親が現れる確率は高くありません。

そこで夫婦は、自分たちで引き取って育てることにしました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年04月14日 22:03
 

犬のベッドが小さい00
アメリカ・インディアナ州在住のスタッダートさん一家は、愛犬ケニーのために通販でベッドを買いました。

しかし届いたベッドはXSサイズ。ゴールデン・レトリバーには小さすぎたのです。

失敗したと嘆いていたところ……ケニーは気を遣ってくれたのか、なんと愛用してくれたとのこと。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年04月12日 22:43
 

行方不明の猫に2年半ぶりに会いに行った00
アメリカ・ニュージャージー州で飼われていた猫のジミーは、2年半前(当時13歳)に散歩に出たきり行方知れずでした。

家族がビラを作って探しまわるも、結局ジミーは見つかりませんでした。しかし最近になって、16km離れた保護施設のFacebookでジミーによく似た猫を発見したのです(今年3月に吹雪で凍えているところを保護された)。

さっそく会いに行きましたが、もしジミーだとしても飼い主のことを覚えているのか不安だったそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年04月07日 21:56
 

ゴミ捨て場に捨て犬00
アメリカのスーパーマーケットのゴミ箱に縛られた1匹の犬。そばには悲しいメモが残されていました。

「無料の子犬:『スクーター』という名前です、飼い主は今日刑務所に行きました」

連絡を受けた保護施設のポーラ・ラングフォードさんが駆けつけると、犬の身なりや、備品などの質が高いことに気が付きます。

愛されている犬であると確信した彼女が調べてみると、ある事情に行き当たりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年04月04日 23:17
 

激しいあいさつ猫00
カナダで郵便配達員をしているデブラ・アンダーソンさん。

彼女がポストに手紙を届けに来るたびに、猫のフェーラは窓越しに激しいあいさつをしてきます。

大きな音がするほどの出迎え方をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  動画
2017年03月31日 21:10
 

老人ホームの主となった野良猫00
アメリカで野良生活を送っていたオレオ。たまたま訪れた老人ホームを気に入ったようで、いつの間にか居つくようになりました。

受付で来客を迎えたり、お年寄りたちを癒してまわったりと、スタッフの1員のように活躍する毎日。

いつしか老人ホームの主のような存在感を放つようになっていたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年03月29日 13:10
 

見てはいけない遺品
誰もが必ず経験する、家族や友人の死。

近しい存在であれば、故人の家や部屋の整理をすることになります。

海外掲示板に「故人の家で何か見つけてはいけないものを見つけた経験はありますか。どんな気持ちになりましたか」と質問されていました。

回答を抜粋してご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年03月28日 22:20
 

94歳おばあちゃんは現役のマクドナルド店員00
アメリカ・インディアナ州に住むローレン・モウラーさんは、50歳のときにマクドナルドで働き始めました。

それから勤続44年、なんと94歳になった今も現役の店員として勤務しています。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2017年03月22日 22:21
 

トラック運転手の猫が行方不明も意外な再会00
アメリカで長距離トラックの運転手をしているポール・ロバートソンさんの助手席には、1年以上の付き合いになるパートナー……猫のパーシーがいます。

ところが先日、ポールさんが眠っている間にパーシーが窓のスイッチを押してしまい、車外に出たまま行方不明になってしまいました。

必死に探すも見つからず意気消沈するポールさんでしたが……意外な再会を果たしました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年03月22日 13:15
 

亡くなった伯父が僕に遺してくれたもの00
海外のとある男性の伯父さんは独身で、男性の両親からは「無価値なものを買ってばかり」と呆れられていたそうです。

10年音沙汰のなかったその伯父さんが亡くなり、遺書に彼の名前も入っていたそうで、いくつかの遺産を受け取ることになったのですが……。

「無価値」と言われていたコレクションは、とんでもないものでした。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年03月18日 22:58
 

猫の首輪に手紙00
イギリスで暮らす猫の「テディ」と「ベア」は、いつも一緒に散歩に出かける仲良し兄弟でしたが、2週間ほど前にベアが亡くなってしまいました。

悲しみに暮れる飼い主夫婦でしたが、ある日テディが散歩から帰ってくると、首輪に手紙が添付されていたのです。

「親愛なる飼い主さまへ:私は近所の4番地で暮らしています。私もまた猫たちの親友です」


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年03月17日 20:51
 

飼い猫が子猫を連れて帰ってきた00
クローディア・ライトさんのお宅で暮らすポージーは、もともと野良猫だったこともあり、冒険が大好き。

ある日、いつものようにポージーは散歩に出かけると、帰ってきたときに異変が起きていました。

1匹増えていたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年03月16日 23:29
 

結婚式に出席できなかったおばあちゃん00
孫娘の結婚式を心待ちにしていた祖母のパットさんでしたが、式の1週間前に病気で入院することになり、出席することは叶いませんでした。

そこでジェイミー&マットのふたりは、失意のおばあちゃんを喜ばせようと、晴れ姿のままで病院を訪れることにしたのです。

サプライズに感激する様子をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  動画
2017年03月15日 21:58
 

かわいらしい泥棒に感動00
アメリカ・ワシントン州の女性宅から、風鈴(ウインドチャイム)が盗まれました。

ところが後日、玄関のドアを開けると1通の手紙が置いてあったそうです。

そこには、たどたどしい文字で罪の告白が書かれていました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話 
2017年03月10日 12:53
 

18歳少女が馬でコーヒーやシチューを運んできてくれた00
寒冷地では交通が麻痺しやすく、雪や氷の影響で車が身動き取れなくなることがあります。

カナダのハイウェイで、トラック運転手の男性が悪天候のため立ち往生してしまいました。

寒い夜をトラックの中で過ごした男性のもとに、翌朝やってきたのは……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年03月04日 19:30
 

めちゃくちゃ警戒していた子猫00
ミズーリ州の保護施設にいたメスの子猫は、人間におびえ、小さな箱から出るのさえ怖がるほどでした。

そんなシャイロを見た女性が、不安を覚えつつも「きっと仲良くなれる」と信じて引き取ることにしたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年03月02日 12:45
 

100歳のおばあちゃんが逮捕00
オランダで99歳のおばあちゃんが警察に逮捕されました。

理由は、彼女が死ぬまでに1度でいいから逮捕されてみたいという夢を持っていたからです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2017年02月26日 22:32
 

家族愛の強いパパ猫00
ベトナムのズオンさんが飼っている猫のカップルは、いつもラブラブな関係だそうです。

そんなある日、メス猫が妊娠したのですが……。

なんとパパとなったオス猫が出産に立ち会い、ママ猫と一緒に育児を始めました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年02月22日 23:10
 

誰ひとり寄せ付けなかった野良猫00
アメリカ・ボストン市の片隅で野良猫のココナッツを見かけたとき、ジョニー・ネルソンさんは直ちに保護が必要だと感じました。

オス猫のココナッツは複数の感染症を患い、体のあちこちが傷んでいたのです。

しかし保護施設の誰もがサジを投げるほど警戒心が強く、決して心を開こうとはしませんでした。

しかし、ジョニーさんはあきらめませんでした。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年02月19日 22:01
 

ハグするレトリバー00
ゴールデン・レトリバーのルビー(メスの5歳)は、今やすっかりニューヨークの街の人気者。

なぜなら道を行く人々に対し、ギューッとハグをしてまわるのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年02月19日 19:58
 

お隣の人のお椀を覗きこんでいいとき00
友達は持っているのに自分は持っていないものがあると、子供は不公平に感じるものです。

多くの親は「よそはよそ、うちはうち」なんて答えるものですが、アメリカのコメディアンが娘に語ったのは、より説得力のあるお話でした。

父と娘のやり取りをご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  ライフハック
2017年02月18日 15:37
 

親子4代でこれが出来た00
祖父と父親が健在な男性に新たに赤ちゃんが生まれ、親子4代が並ぶことになりました。

「4代そろったら、これをしてみたかった」という記念撮影をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年02月15日 19:42
 

ダイエット猫00
猫のワトソンが保護施設にやってきたときは、とても幸せとは言えない状態でした。

体重が16kg近く(34.8ポンド)もあり、日常生活を送ることさえ多くの助けを必要としていたのです。

新しい里親の元に引き取られると、1年に渡るダイエット生活が始まりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年02月13日 20:56
 

猫とサイが仲良し00
南アフリカのサイの保護施設で、サイと猫が厚い友情を育んでいます。

種も大きさも違う2匹は共に孤児でしたが、いつしか恋人同士のようにべったりと離れない関係となっていました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ちょっといい話
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。