カテゴリ : ちょっといい話

2017年02月09日 19:38
 

猫の住み着いたホテル00
ギリシャのとあるホテルで暮らす猫のオーレリアは、とにかく人間が大好き。

猫好きの宿泊客が招き入れると一緒に過ごしてくれるだけでなく、お昼寝に付き合って添い寝までしてくれるそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年02月07日 22:18
 

小さな野良猫が猛烈にアピールしてきた00
とある海外の工場の周辺に、小さな子猫が現れるようになりました。

男性が近づいてみると、頭をこすり付けて猛烈に懐いてくる子猫。

もう連れて帰らずにはいられませんでした。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年02月04日 23:28
 

先生が生徒にオリジナルの握手をしてから授業開始00
アメリカ・ノースカロライナ州の小学校の風景が、現在世界中に拡散しています。

先生が教室に入る生徒と握手(タッチ)をするのですが、1人1人やり方が違うオリジナルのもので、まるでダンスを踊っているかのようにクールなのです。

動画をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動画  ちょっといい話
2017年02月03日 19:42
 

動物病院で他の動物たちを世話する猫00
野良猫だったロンは生後6か月のときに保護され、病気の治療のためにノースフィールド動物病院(アメリカ・コロラド州)にやってきました。

治療を終えて元気になった今も、ロンだけは特別に動物病院で暮らしています。その理由は彼の優しい性格にありました。

弱った動物たちに寄り添い、元気づけてあげる、心優しい性格の持ち主だったのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年01月30日 22:02
 

野良猫が子猫00
アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィアに住む男性の近所に、いつの頃からかお腹を空かせたメスの野良猫がやってくるようになりました。

初めは警戒心が強く、近づくと激しく威嚇してきたそうです。しかし男性が辛抱強くエサを与え続けているうちに、だんだんと心を開いていきました。

そんなある日、彼女が子供たちと一緒に現れたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年01月24日 21:04
 

ガソリンスタンドに捨てられていた子猫00
イギリス南西部の町イップルペンのガソリンスタンドに、生後1日とみられる4匹の子猫が箱の中に置き去りにされていたそうです。

発見した男性がすぐに地元の保護施設に連れて行くと、子猫たちは感染症にかかっていることがわかりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年01月23日 12:50
 

20年以上グーフィーを演じた人のエピソード00
アメリカ・フロリダ州にある超大型テーマパーク「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」。

その中でも「マジック・キングダム」は東京ディズニーランドのモデルにもなったと言われ、1971年の開園以来多くのディズニーファンに愛されています。

そこで20年以上もの間グーフィーなどのキャラクターを演じてきた人物が、「本当の魔法を見た」と語るエピソードをご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年01月22日 22:31
 

ヤギの助産師をする猫00
アメリカ・バージニア州の牧場に、ある日現れたオスの猫。

出産間近のヤギから離れようとしなかったので、職員が注意深く観察していると、なんと優しくマッサージを始めたのです。

奇妙で暖かな関係はその後も続き、出産の日を迎えました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年01月12日 19:30
 

トルコの寒波から野良犬や野良猫を保護00
現在ヨーロッパには記録的な寒波が押し寄せており、トルコのイスタンブールでは一晩に65僂寮磴降るなど、2009年以来最悪の吹雪に見舞われています。

そうなると辛いのが、屋外で暮らす野良犬や野良猫たち。

避難先のない動物を守ろうと、ショッピングモールやお店のオーナーたちが暖かい場所を提供してあげたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2017年01月07日 20:30
 

「タンスを壁に固定しなくてはいけない理由」00
やんちゃな2歳の双子が、両親のいないときにタンスを倒して、弟のほうが下敷きになってしまいました。

それを見た兄は助け出そうとするも、どう行動すればいいのかわからず……。

その一部始終を、監視カメラは捉えていました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2017年01月01日 15:22
 

養子先の決定00
11歳のランドン君の母親であるジャネルさんは、10年前にダニエルさんと結婚しました。

ランドン君は、ダニエルさんの子供になりたいと強く願っていたそうです。

そんなランドン君がクリスマスギフトの包みを開けると……、出てきたのは養子縁組を手続きした証明書。

感激するランドン君の動画をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2016年12月29日 13:58
 

がんで闘病中の生徒と教師00
ガンで隔離病棟に入院している男子生徒のため、毎日病院を訪れる先生の写真が、海外掲示板で大きな話題を呼んでいました。

理由は生徒が授業に遅れないよう、その日の授業の補習をするため。

しかし生徒がいるのは隔離室。先生がどうしているかというと……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  健康・医学
2016年12月13日 11:19
 

コスプレで落ち着くヤギ00
心に病を抱えるのは人間だけではなく、動物も何らかの理由で不安症になることがあります。

ポリーという名の不安症のヤギは、あるコスプレの格好をしたときだけ心が安定するそうです。

いったいどんなコスプレなのでしょうか。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年12月04日 12:01
 

100歳の姉妹…長生きの秘訣00
日本のように高齢化社会になればなるほど、健康的に生きていくことが大切になってきます。

イギリスで、そろって100歳の誕生日を迎えた双子のおばあちゃんが、長寿の秘訣を語っていました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話 
2016年12月03日 17:22
 

両親の自撮り写真00
とある海外の人が、しばらく両親の顔を見ていないので「自撮り写真を送って」と頼んだそうです。

ところが送られてきたものは予想とは違うものでした。

どんな写真だったのか、ご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2016年12月01日 21:49
 

馬の蹄鉄でプレゼントづくり00
人間や荷物を運ぶ馬や牛は、ひづめの摩耗を防ぐためにU字型の蹄鉄(ていてつ)を装着しています。

その蹄鉄を使って、妻への愛のプレゼントを作成することにした海外の男性がいました。

いったいU字型の蹄鉄から、どんなものを作るというのでしょうか。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:男女  ちょっといい話
2016年11月26日 19:30
 

プロテスタントの夫とカトリックの妻00
オランダのルールモントにあるケルクホフ(古い)墓地には、世界でも珍しく、そしてロマンチックな墓があります。

1842年に結婚した夫婦がいました。オランダ軍大佐の夫は結婚38年後に他界し、やがて妻も天に召される日がやってきました。

ところが夫はプロテスタント、妻はカトリックで、たとえ夫婦であっても宗派が異なれば同じ敷地に埋葬することは許されず、それぞれの墓地は壁によって隔たれていました。

このまま夫婦が永遠に離ればなれになるのは忍びないと思い、あるアイデアを実行することにしたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:男女  ちょっといい話
2016年11月25日 22:00
 

号泣するお姉ちゃんを守る4歳児00
「とても悪い子だわ! またやったらただではすまさないわよ!」と、娘を激しく叱りつけるママ。

すると、隣にいた4歳の弟が「ノーーー! ママ、ダメーー!」と、泣いているお姉ちゃんをかばい始めます。

動画をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  動画
2016年11月24日 19:30
 

ケガをしていた哀しい表情の猫00
猫のベンベンは、他の大きな動物に襲われたのでしょうか、背中を骨折し、片耳を失い、全身傷だらけの状態でカナダの動物保護施設に引き取られました。

施設は里親を募集しましたが、ろくに食事も水も受け付けず、この先歩けないだろうと診断されたベンベンに引き取り手は現れず、やむを得ず安楽死処分が下されました。

ところが処分前日、この「哀しい猫」の話を伝え聞いた動物病院勤務の女性が引き取りに現れたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年11月22日 22:21
 

ナタリア・キャステラー00
アメリカ在住のナタリア・キャステラーさんは、幼い頃から他の子供たちにいじめられ続けてきました。

その理由は、彼女の太く濃い眉毛。指さしてからかわれるのは慣れっこで、そり落としてしまいたいと思い悩むこともあったと言います。

しかし17歳になった彼女を世界的なトップモデル事務所が見初め、契約することになりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ファッション  ちょっといい話
2016年11月17日 22:46
 

親友を背中に乗せる犬00
ブリザードとルルの兄妹は、出会った日からひと時も離れることが無いほどの仲良し。

ただしブリザードは大型犬のセントバーナード、ルルは小型犬のパピヨンのミックスと、一緒に歩くにはサイズに大きなギャップがあります。

いつしかルルは、ブリザードの背中に乗って移動するようになりました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年11月17日 12:47
 

飼い主の墓に1年も居座り続ける猫00
忠犬ハチ公を代表に、犬は忠誠心の高い動物として知られています。

一方、クールで気ままだと思われがちな猫ではありますが、飼い主を愛してやまないケースもあるようです。

インドネシアで飼い主を亡くした猫が、1年近くも墓地の前から離れず、そばに寄り添い続けているそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年11月12日 22:58
 

畑で紛失した指輪00
年金暮らしのドイツ男性が、畑仕事をしているときに指輪を紛失してしまいました。

指輪は金婚式のときに娘から贈られたもので、家族総出で探したものの、結局見つかることはありませんでした。

ところが3年経った今年、指輪は意外な形で出てきたそうです。

写真をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  ちょっといい話
2016年11月06日 23:54
 

恋愛関係のゴール00
花束を片手に、空港のロビーに立つ高齢の男性。

旅先から帰ってくる、最愛の妻を待っているのです。

「これこそ恋愛関係の理想的なゴールだ!」と称賛されていた、ロマンチックな2人をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動画  ちょっといい話
2016年10月21日 12:42
 

当て逃げされた車に口紅のメモ00
駐車していた車に戻ると、後部に激しくこすられた跡。周囲に人の気配はなく、いわゆる「当て逃げ」をされた状態だったそうです。

しかし、その上を見ると「口紅」で何かメモが残されていました。

いったい何が書かれていたかというと……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2016年10月17日 13:06
 

タイの乗務員が成田空港で感動したこと00
世界で最も在位の長い国王として知られたタイのプミポン国王(88歳)の死を悼み、タイ全土が悲しみに暮れています。

訃報を聞いたタイ人のパイロットは、成田空港のショッピングモールで喪章を探したものの売っておらず、しかたなく生地専門店に向かったそうです。

そこで体験したエピソードが、タイ人の間で拡散しているとのことです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2016年10月05日 22:28
 

クールな猫の銅像が建つ00
こちらの猫をインターネット上で見かけた人は多いかと思います。

トルコ・イスタンブールのカドゥキョイ市街でのんびりと暮らしていましたが、妙に偉そうに横たわる姿が世界中で人気となり、さまざまなパロディ画像の元になっています。

名前を「トンビリ」“Tombili”と言い、8月に亡くなったのですが、アイドル猫を惜しむ市民1万6000人が市への嘆願書に署名し、銅像が作られました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年09月29日 12:12
 

数か月前に亡くなった妹の上司00
とある職場で、上司が数か月ほど前に亡くなったそうです。

数か月が経ち、彼女の誕生日がやってくると職場にメッセージ付きの花が届きました。

上司の女性が亡くなる前に、その日に届くようあらかじめ手配していたのです。

メッセージをご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  びっくりネタ
2016年09月27日 20:46
 

動物保護施設の募金箱にびっくり00
アメリカ・カリフォルニア州のパサデナ動物保護施設は、毎年1万2000匹の動物たちを扱っており、ボランティアや寄付によって支えられているそうです。

ある日、スタッフの1人が施設の募金箱に目を向けたところ、いつもと違う様子に仰天したそうです。

募金箱の中身をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年09月25日 22:31
 

おじいちゃんが、孫娘のために巨大テディベアを買う00
カリフォルニア州のコストコで働く男性が、「店に巨大なテディベアがあるよ」と、孫娘(生後5か月)を抱く娘のサブリナさんに写真を送りました。

娘のサブリナさんはそれに対し、冗談で「おじいちゃん、マディー(孫)がそれを欲しいみたいよ」と返信したそうです。

すると、次に来た返信は……
「買った」
「えっ、ウソでしょ!?」


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  面白ネタ
2016年09月19日 22:36
 

14歳少女が初めてお母さんの声を聞いたとき00
アメリカ・テキサス州ヒューストンに在住のブレアナさん(14歳)は、生まれつき重度の難聴のため、補聴器を付けても、かろうじてこもった音が聴こえる程度でした。

そんな彼女が人工内耳の移植を受け、初めてクリアな音を聞く瞬間がやってきました。

技術者の女性の声と、その次にお母さんの鮮明な声を聞いたときの様子をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動画  ちょっといい話
2016年09月05日 00:07
 

チアリーダーの妹が、戦地帰りの兄とサプライズ再会00
戦地からサプライズ帰国した息子に驚く両親の映像はよく見かけるのですが、今日ご紹介するのは兄と妹の関係です。

妹がチアリーディングの練習をしているところに、突然兄が現れた時の動画をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動画  ちょっといい話
2016年08月30日 21:55
 

ペットの最初と最後の日00
「いろんなことを教えてくれた愛犬ゾーイと初めて写真を撮った日、そして最後に写真を撮った日」

出会いがあれば別れもあるのは、ペットと人間の関係にも例外はありません。

愛する犬や猫と「初めて写真を撮った日」、「最後に写真を撮った日」の比較写真をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年08月29日 21:37
 

アヒルと出会って元気を取り戻した犬01
アメリカ・テネシー州に暮らす犬のジョージは、12年来の親友だったラブラドールを2年前に亡くしました。

それ以来ろくに食べず、ストレスから自分の皮膚を噛むようになり、毎日鳴き続けるばかりだったと言います。

ところがある日、1羽のアヒルがどこからともなくやってきて……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年08月28日 20:49
 

ピエルマリオ・モロジーニ
2012年、イタリアのピエルマリオ・モロジーニ選手が、サッカーの試合中に心臓発作を起こし、25歳の若さで息を引き取りました。

モロジーニ選手はすでに父、母、弟を亡くしており、ただ独り、障害を持った姉だけが残されました。

すると、モロジーニ選手が3か月前まで所属していたウディネーゼの主将、ディ・ナターレ選手が、ある申し出をしたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  スポーツ
2016年08月23日 22:35
 

誰にも心を開かなかった犬が、猫と親友に00
オーストラリアの施設に保護されている16歳の老犬ジェメルダは、過去につらい経験があるのか、どんな人間も動物も寄せ付けませんでした。

1度は里親に引き取られたものの、まったく懐かないため、保護施設に戻ってきたそうです。

しかし1匹の黒猫が、ジェメルダの心を開きました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年08月19日 19:17
 

ロシア版の忠犬ハチ公00
「忠犬ハチ公」の物語は世界的に知られていますが、ロシアにもハチ公に負けない健気な犬がいると語り継がれています。

その犬は飼い主が不慮の交通事故で亡くなると、新たな家に引き取られることを断固拒否し、事故現場から離れなかったのだそうです。

7年後に犬が亡くなると、惜しんだ住人たちが忠誠心のシンボルとして銅像を建てました。

人々に感動を与えた、ある1匹の犬のストーリーをご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年08月16日 22:07
 

犬のためにフェンスに小窓00
たくさんの犬を飼っている海外の男性は、犬たちにとって庭の広さが十分ではないと考えていました。

そこで犬たちが外の世界を見渡せるように、フェンスに小窓を取り付けることにしたそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年08月13日 19:18
 

孫が金メダル00
孫が出場するオリンピック競泳の画面を、手に汗を握って見つめる祖父母。

金メダルを勝ち取った瞬間のリアクションが人気を呼んでいました。

感動的なシーンをご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2016年08月12日 22:00
 

こんな老夫婦になりたい00
とあるレストランで食事をする老夫婦。

あまりにも仲が良く、「これは羨ましすぎる!」と話題になっていた動画をご覧ください。


続きを読む

mayuna3d | カテゴリ:動画  ちょっといい話
2016年08月10日 19:30
 

6か月もホテルの前で待ち続けた犬00
ドイツ人のオリビアさんがその犬を見かけたのは、ときどき仕事で訪れるアルゼンチンの街中でした。

犬好きの彼女が遊んであげると、すっかり懐いて離れようとしなくなったのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年08月10日 12:45
 

花嫁の隣には父親の心臓を持つ男性00
教会の結婚式では、父親が花嫁と腕を組んで入場し、バージンロードの先にいる新郎のもとまでエスコートするのが一般的です。

アメリカ・ニュージャージー州のとある花嫁は、父親を10年前に亡くしていました。

花嫁が一緒に歩いてほしいと依頼したのは……その父親から心臓を提供を受けた男性でした。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2016年08月05日 21:30
 

車を破壊して子猫を救出00
アメリカ・フロリダ州のベロ・ビーチに住む夫婦の車のダッシュボードに、生後6週間の子猫が入り込んでしまいました。

自力での脱出が不可能と悟ったデニス・ウィルフォードさんは、子猫を救うために愛車の破壊を決意しました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年08月01日 20:39
 

メリーランド州の大洪水、人間チェーンを作って人命救助00
7月30日にアメリカ東部のメリーランド州エリコットシティで、豪雨による洪水が起きました。

車ごと濁流に飲まれる寸前の女性が、現場にいた市民らのチームワークにより助け出され、その一部始終が映像に収められています。

人間チェーンを作って救出する模様をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外ニュース
2016年07月27日 19:46
 

94回使われたバースデーカード00
欧米では誕生日にカードを贈るのが一般的で、家族、友人、知人に毎年のように用意する習慣があります。

ところが同じバースデーカードを、何度も使った人がいました。
驚くことに94回分もです。

誰が誰に贈ったものなのか、そのカードをご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  海外の反応
2016年07月21日 19:47
 

こども病院の隣にウォーリー00
アメリカ・インディアナ州で建築作業員をしているジェイソン・ヘイニーさんは、建築現場の向かいに子供病院があることから、何か元気づけることができないかと考え、あるアイデアを思いつきました。

入院する子供たちを楽しませているものとは何か、ご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話  アート・デザイン
2016年07月16日 21:02
 

本屋の猫00
現在14歳のオス猫「キャッツビー」“Catsby”は、9歳になるまで悲惨な人生を送ってきました。

いくつもの病気を抱え、無愛想で他の動物が苦手、そして若くないこともあり、フロリダ州の動物保護施設に保護されても誰も貰い手が現れなかったのです。

しかし6年前、そんなキャッツビーに救いの手が現れました。本屋の女性オーナーが彼を引き取り、喜びに満ちた老後の居場所を提供したのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年07月15日 19:30
 

余命半年の愛犬と旅行00
チョコレート・ラブラドールのベラは、9歳だった昨年5月に“がん”(骨肉腫)だと診断され、獣医からは「持って余命半年だろう」と宣告されました。

それを知った飼い主のロバート・クグラーさんは、卒業後の就職予定を取りやめ、残された時間をベラと共に旅に出ることにしたそうです。

ロバートさんとベラの最後の冒険をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ちょっといい話
2016年07月14日 20:03
 

妹のいじめを知った姉00
妹が同級生からいじめを受けていることを知った12歳のAvaさんは、いじめた生徒たちに自筆の「招待状」を送りました。

招待するのは普通のパーティなどではなく、いじめを止めさせるために一計を案じたものでした。

どんな内容なのか、その文面をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ちょっといい話 
2016年07月14日 12:40
 

被災者の少年がサッカー選手に00
所属するクラブチーム(レアル・マドリード)とポルトガル代表がそれぞれビッグタイトルを獲得し、2016年最高のサッカー選手のタイトルを総なめすることが確実視されているクリスティアーノ・ロナウド選手。

そんな彼は、2004年のインドネシアの地震(スマトラ島沖地震)で津波があったとき、生き残った当時7歳の少年の教育資金を援助しています。

少年は被災から21日後に発見され、そのときにポルトガル代表チームのユニフォームを着ていたことからポルトガルで話題になりました。

少年はすくすくと成長して、サッカー選手になったのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:スポーツ  ちょっといい話
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。