カテゴリ : ジョーク・ユーモア

2016年05月13日 11:00
 


ぎゃあぁぁーっ!?

ギラリと見開いた眼、そして漢字を無理やり顔にしたまるで感情の読めない表情のこのキャラ。あの 眠眠打破 のゆるキャラ(?)『みんみん3兄弟』の一人なのだそうですが…こっ、これは怖すぎる…!

先日、このみんみん3兄弟から「ぜひ編集部に遊びに行きたい」と連絡を頂いたのですが、あまりにビジュアルが怖すぎて、丁重にお断りしてしまいました。

しかしちょっと申し訳なかったので、寝坊常習犯の編集長に、ドッキリを仕掛けてもらいました。


続きを読む

coush | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  PR
2016年04月03日 13:26
 

伝説のギャンブラー
とあるおじいさんが脱税を疑われ、税務署に呼び出されました。

おじいさんは弁護士を連れてやってきましたが、職員は驚きもせず質問を投げかけました。
「あなたは常勤の職がないにもかかわらず、非常に派手な生活を送っていますね。ギャンブルで収入を得ているという証言は信用できかねます」

「わしは無敵のギャンブラーじゃよ。証明もできる」と、おじいさんは言いました。

「実演してみてもよいかね?」


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2016年03月06日 15:30
 

博物館のユーモア00
アメリカ・オハイオ州のクリーブランド自然史博物館は、最古の人類や巨大な恐竜などの骨格などをはじめ、400万点を超える標本のコレクションが収蔵されています。

その博物館のコレクションを見ていた人が、思わずクスッとなって写真に収めたそうです。

「博物館のユーモア」をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  海外の反応
2016年01月05日 10:58
 

ゴリラのジョーク
とある動物園のゴリラが、開園の直前に老齢で亡くなりました。

たった1匹しかいなかった人気のゴリラだったので、経営に余裕がなかったその動物園は、ゴリラなしに運営していくのは不可能なことでした。

そこで……


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ジョーク・ユーモア
2016年01月01日 21:42
 

3歳の娘を寝かせるとき
とある父親が3歳の娘を寝かせていました。お話を読み、そのあと娘のお祈りの声を聞きました。
「ママに祝福を、パパに祝福を、おばあちゃんに祝福を、そしておじいちゃん、さようなら」

父親が「どうしておじいちゃんにはさようなら、なんだい?」と尋ねると、小さな娘は答えました。「わからないわ、パパ。でもそれが正しい気がしたの」

翌日、おじいちゃんが亡くなりました。父親は奇妙な偶然だなと思いました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2015年12月13日 11:32
 

「中国人はお人よしか」
習氏は役人と「中国人はお人よしか」をテーマに議論を交わしていました。

役人は「お人よしかだって? とてもそうとは思えないが……」と言いました。

すると習氏は「では私が例を見せてあげようじゃないか」と述べて、通りかかった農夫を呼び止めたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2015年12月01日 08:45
 

「なるほど、妻をどれだけ愛していたのかわかる…」
とあるサッカーファンが、とても貴重なワールドカップ決勝戦のチケットを手に入れ、座席に腰を下ろしました。

ふと左を見ると、隣の席がひとつ空席であることに気づきます。

サッカーファンは思わず言いました。
「いったいどこの誰が、ワールドカップの決勝をドタキャンするっていうんだ!?」


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:男女  ジョーク・ユーモア
2015年10月30日 11:00
 


役に立つような立たないような、スマホを使ったくだらなくも面白い記事を配信している『 無駄のある毎日を。 』というサイトをご存じでしょうか。

先日読んでいてふと思ったのですが、今やスマホは当たり前の時代、初めて手にした頃のような感動が薄れた気がしませんか?そう、それはまるでトキメキを忘れた倦怠期の夫婦のように。

そこで出会ったあの頃のトキメキを再発見すべく、もしも『水戸黄門』の時代にスマホがあったら、どんな展開になるだろう?と、真剣に考えてみたところ…

 スマホが万能すぎておかしなことになった水戸黄門をご覧ください。


続きを読む

coush | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  PR
2015年10月21日 11:19
 

心臓発作の原因はここにあった00
アメリカやイギリスでは、死亡原因の第1位は心臓病で、食事や運動についてよく議論されています。

そこでその原因を突き止めるべく、少し(かなり)ユニークな側面から見た主張が話題になっていました。

どんなものかというと……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  海外の反応
2015年10月18日 16:39
 

「ひとりでバーに飲みに行くと、妻との関係がよくなる男」
とある男がバーに飲みに来て、ウィスキーのショットを頼みました。

彼はウィスキーを飲みながら、ポケットの中をちらっと見たのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  男女
2015年09月23日 14:30
 

おじいさんと池
おじいさんは大きな農場を所有していました。裏手には大きな池もありました。

池にはきちんと囲いがしてあり、ピクニックテーブルなど設備は充実、りんごや桃の木なども周りに植えて、快適に泳げるようになっていました。

ある夜、しばらく池をチェックをしていなかったおじいさんは、池の様子を見に行くことにしたのです。

すると……。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2015年09月12日 11:30
 

創造主
たまたま容姿に恵まれない人々が乗り合わせたバスが、崖っぷちを走っていました。

すると急に地滑りが起こり、バスは海へと転落。全員が亡くなってしまったのです。

全員が天国へ行き、そこで創造主と対面しました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ジョーク・ユーモア
2015年08月13日 10:30
 

短気な夫をどうやって治すか
夫の怒りっぽい性格に悩んだ妻が、医師のもとを訪ねました。

「どうなさいましたか?」と、医師は尋ねます。

「お医者様、うちの夫は毎日、もう理由もなくすぐに怒るのです。どうしたらいいかわからず怖いのです」

……すると医者は「それは治療できますよ」と続けました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  男女
2015年07月17日 10:31
 

エンジニアと医者
かなり長い間失業していたエンジニアが、転職して自分の診療所を開くことに決めました。

売り文句として、
「500ドルであなたの持病を完治させることを保証します。もし完治しなかった場合は、倍の1000ドルをお返しします」


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2015年07月04日 11:53
 

両親の離婚

アメリカの田舎に住む高齢の父親が、ニューヨークに住む息子に電話しました。

「お前にはつらい思いをさせて済まないが、母さんと離婚することにした。みじめな45年に終わりを告げることにしたんだ」


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2015年04月19日 11:30
 

気球とIT技術者と経営者
熱気球で空を飛んでいた男が、いつのまにか迷子になっていることに気づきました。

下を見ると男がいることに気づき、気球の高度を低く下げて叫びました。

「すまないが、今、私がどこにいるか教えてくれないか?」


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:IT・ガジェット  ジョーク・ユーモア
2015年03月23日 11:00
 


人間誰しも変身願望はあるものの、そうそう簡単に変身なんてできるものではありません。

ところがスマホを使って簡単に約100通りの変身ができるサイト『 #チョー変身 』が誕生、早速試してみると…な、なんじゃこりゃあぁ!?

かっとび過ぎのおもしろコラージュの数々をご覧ください。


続きを読む

coush | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  PR
2015年03月14日 13:00
 

イギリスの地下鉄00
ユーモアの国と呼ばれるイギリスでは、至るところでジョークや皮肉を見かけます。

ロンドンの地下鉄にもユーモア交じりのものが多く、「これがイギリスのユーモアか」と題された駅の「お知らせ」が、海外掲示板で話題になっていました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  海外の反応
2015年01月09日 10:49
 

レストランの喫煙メッセージ00
どこのお店にも注意書きや告知が貼られていますが、なかなか客の目には留まらないものです。

とある海外のレストランで、喫煙者に対するお知らせがちょっとユニークであると話題を集めていました。

その文面をご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  海外の反応
2014年11月15日 10:00
 

釣り人
その日は雨が強く、アイリッシュパブの前には大きな水たまりができていました。

横にはおじいさんが独りで立ち、糸のぶらさがった棒を持って水たまりの中で上下に揺すっています。

「はて、いったい何をしているのだろうか?」
興味を持った紳士は、声をかけてみることにしました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  面白ネタ
2014年11月12日 09:30
 

夜のタクシー
男はある日、こう思いました。
「どうも最近、妻が浮気をしているんじゃないか」

そこで妻が夜に出かけるのを待って、タクシーに乗り込んで後を追うことにしたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  男女
2014年01月28日 12:16
 

万国旗
どの国にも歴史があり、国民性があり、それぞれを特徴づける文化があります。

海外掲示板に「もし各国にスローガンを掲げるとしたら、どんな風になるだろう?」という質問が投げられていました。

好き勝手につけられた、でも微妙に納得してしまう、世界各国のスローガンをご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ジョーク・ユーモア
2013年12月05日 11:00
 


街で見かける色々なガチャは、思いがけず面白いシリーズを見つけると、ついつい全部揃えたくなってしまうもの。

特に最近では魚の干物や仏像など、「どうしてこれを…」と首をかしげずにはいられない、シュールなガチャの人気が高かったりするのですが、ネット上にも 面白いガチャ が登場…しかもあのサッポロビールから!?

実際に試してみると、無料なのに妙に凝ってて、コンプリートするとプレゼントもあったりと楽しいのですが、それにしてもこのシュールさは一体…?


続きを読む

coush | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  PR
2013年09月25日 12:10
 

ピノキオ
嘘つきでなくとも、口にした言葉が結果的にウソになってしまうこともあります。

礼儀正しさとウソの境界線があいまいだったり、優しさゆえの方便だったりと、生きていく上でウソと無縁というわけにはいきません。

「このセリフって、ほぼウソだよね」というセリフ集をご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ジョーク・ユーモア
2012年11月27日 14:06
 

アヒル
3人の女性が事故で命を落とし、天国の門の前までやってきました。

天使である聖ペテロは言いました。
「天国には1つだけルールがあります。『アヒルを踏んではいけない』というものです」

3人が天国へ入ってみると、あたり一面、アヒルで埋め尽くされていました。

女性たちは可能な限りアヒルを避けて進みましたが、そのうちの1人がうっかり踏んでしまったのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:男女  ジョーク・ユーモア
2012年11月05日 22:31
 

猫の洗い方00
たいていの猫は濡れることを嫌いますが、それでも家の中で飼う関係上、たまには洗ってあげる必要があります。

どうせならただ洗うのではなく、良い方法がないかと思っていたところ、合理的な方法があるとの説明がありました。

発案者は犬……だそうです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:動物  ジョーク・ユーモア
2012年07月09日 12:33
 

人生のゴールデン・ルール10
会社や家庭にそれぞれのルールがあるように、人生にもルールがあります。

ちょっとジョーク的ではありますが、ある意味真髄をついているかもしれない「人生のゴールデン・ルール10」を紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ライフハック  ジョーク・ユーモア
2012年06月28日 23:18
 

幸運のカエル
その日、仕事が休みだった僕はゴルフに出かけた。

あれは2番ホールだっただろうか。グリーンの横に1匹のカエルがいた。気にもせずボールを打とうとしたら声が聞こえてきた。

「ケロッ、9番アイアン!」


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2012年06月24日 11:00
 

予想もしない美女から声をかけられたら

アーノルドはスーパーマーケットで買い物をしていました。

すると、とても美しい金髪女性が手を振ってきて、「ハロー」と優しく声をかけてきたではありませんか。

驚きを隠せない彼は、こんな美女とどこで会ったのか懸命に思いだそうとしました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  男女
2012年06月11日 10:24
 

世の女性に聞いてほしい男の気持ち

ある晩、妻と寝室にいた。気持ちが高ぶった僕が手を伸ばそうとすると、彼女はこう言った。

「気分が乗らないわ。あなたに抱きしめていて欲しいの。あなたの男性としての欲求に応えるほど、私の気持ちはあなたとつながっていないのよ」


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  男女
2012年06月07日 10:14
 

若い女と結婚するための口説き文句
70歳になるボブはとても裕福な男でしたが、妻と死に別れてからは独り身でした。

ところがある日、ボブはカントリークラブに金髪女性を連れてやってきます。

25歳と若くセクシーな美女であったことから、びっくりしたクラブのみんなは、ボブが1人になるのを見計らって集まってきました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:男女  ジョーク・ユーモア
2012年05月08日 11:30
 

社交性のないペンギン00
世の中は自信に満ちあふれた人ばかりではありません。

まわりと打ち解けている気がしないとか、人と接するのがどうも苦手だとか、人間関係がどうも不器用だという人は結構多いものです。

そんな付き合い下手な人の気持ちを欧米では、トレードマークのようにペンギンで代弁させているのですが、「不器用なペンギン」ポスターをご紹介します。

決して他人事と思えない、シャイぶりをご覧ください。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ジョーク・ユーモア
2012年05月07日 17:03
 

バーのサービス00
バーは飲んだり話したりの交流場所です。ゆっくり飲みたいところですが、酔っ払ってそう時間も経たぬ頃に、家から電話があったりするかもしれません。

携帯電話であれば、いろいろとごまかし(?)ようもありますが、店に直接連絡が入ったらそうもいきません。

「早く帰ってくる約束でしょ」なんて、呼び出しがあったときに……。

有料でこんなサービスしてますよと、看板を掲げているバーが注目されていました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ジョーク・ユーモア
2012年05月05日 18:05
 

かぎ針編み人形
あるカップルが結婚して、もう60年が過ぎようとしていました。夫婦は何でも分かち合い、何でも話し合いました。ふたりの間には秘密はありませんでした。

……たったひとつのことを除いては。

妻はクローゼットの上に靴箱を置き、夫に「絶対に中を見たり、それについて尋ねたりしないように」と約束していたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  男女
2012年05月03日 18:37
 

銀行のシステム
銀行がどんな仕組みかを聞かれたら、わかりやすく説明できるでしょうか?いったいどんな風にお金が動き、どのように利益を生んでいるのか。

小難しい説明は調べればすぐに出てきますが、もうちょっと簡単に銀行のシステムがどういうものなのか、55年も前に発行された説明が海外サイトで人気となっていました。

1957年に発行された、Q&A形式の「銀行がどのように機能しているか」をご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ジョーク・ユーモア
2012年05月01日 13:05
 

「初心者のパソコンの修理相談を、車に置き換えるとこうなる」
この20年くらいのパソコンの浸透率はすごいものがあります。

趣味に仕事に、コンピューターなしでは社会が成り立たなくなり、その重要性は車とそう変わらないレベルにまで達してきました。

その割りにコンピューター音痴のままの人も多く、とんちんかんなトラブル相談や修理相談があとを絶ちません。

そこで、「コンピューターの相談を、車の故障相談と対比させるとこうなる」という、面白い例えがありましたのでご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  IT・ガジェット
2012年04月30日 17:01
 

犬とヒョウ
たいへん裕福な男が、飼っている忠犬を連れて、アフリカのサファリパークへ旅行に行きました。

現地で犬が蝶々を追いかけていると、気がついた時には迷子になっていました。

犬がうろうろとしていると、なんと向こうの方から飢えたヒョウが、猛烈な勢いでこちらに向かって走って来るのが見えました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  動物
2012年04月15日 13:46
 

おまわりさん
警察に車を停められると、やはり緊張してしまいますよね。

逃げてしまったり、横柄な態度をとるのは論外ですが、なかなか警官の気に触らないように受け答えするのも難しいものです。

ジョークではありますが、「警察官に対してこんな風に答えてはいけない」というリストがありましたので、ご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2012年03月10日 18:30
 

愛する人を夢見る枕00
恋に落ちてしまうと、四六時中、好きな相手のことが頭から離れなくなるものです。

むしろ、寝ても覚めてもずっと身近に感じていたいと願うかもしれません。

そんな人にぴったりな、簡単に好きな人を夢見ることができる枕、というグッズがありましたのでご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ジョーク・ユーモア
2012年01月20日 12:45
 

魚釣り00
釣りをするなら、たくさん釣れる日に行きたいものです。

いっぱい釣るには魚が多いことが最低条件ですが、魚がいれば釣れるとは限りません。

「魚がたくさんいると言われて釣りに行くと、自分はこんな気分になる」という心情を表した画像がありましたので、ご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ジョーク・ユーモア
2012年01月18日 13:15
 

留守番電話メッセージ
「ただいま留守にしております。ピーと鳴りましたらお名前とご用件をお願いします」

標準の留守番電話の応答メッセージは、だいたいこう言ったものです。

どうせなら個性的な応答メッセージを入れてみたいという人のために、工夫を凝らしたメッセージの例がありましたので、いくつかご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  ライフハック
2011年12月17日 13:41
 

笑い
ちょっと笑いが欲しいときや、場を和ませるときのためにジョークがよく使われます。

「くすっとなったジョークにどんなのがある?」というテーマで盛り上がっていた、海外掲示板のジョークをご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2011年11月29日 18:33
 

偶然のだまし絵00
目の錯覚(錯視)を利用したものって、理屈がわかっていても騙されてしまう楽しさがありますよね。

計算して作られたものが多いですが、「偶然だまし絵になってしまった」という写真がおもしろかったのでご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  ジョーク・ユーモア
2011年10月07日 12:21
 

いいこと悪いこと
良いと思えることが、実はそれほど良くなかった、なんてことがあります。それどころか、これ以上悪くなることはないと思ったら、さらにひどかったなんてことさえあるのが世の中というもの。

「良かった」と思ったことが「実は悪かった」という、わかりやすい例をご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2011年09月23日 15:01
 

パイロットが盲目だったら

乗客全員の搭乗手続きが終わり、あとは飛行機が出発するだけという時間でした。パイロットの到着を待っているとの機内アナウンスが聞こえてきます。

窓から外を見やると、パイロットらしい男性2人がこちらに向かって歩いてきました。

ところが2人とも盲導犬を連れ、どうやら目が不自由であるようです。

乗客たちは、ざわめき始めました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア 
2011年07月09日 13:30
 

酔った妻
欧米では夫に子守や留守番をしてもらい、妻が友達と外出する機会も多いのですが、"Girls night out"(ガールズ・ナイト・アウト)と言って、夜飲みに行くことも少なくありません。

そんな風に妻が夜遊びしに行き、酔っ払って帰ってきたときのジョークをご紹介します。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  男女  タグ:
2011年06月12日 11:25
 

泥棒のテクニック

ある家庭に泥棒が入りましたが、すぐに犯人は捕まり警察に勾留されました。

すると泥棒に入られた家の主人は警察に出かけていき、前の晩に捕まったその泥棒に会いたいと申し出たのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  男女  タグ:
2011年05月15日 10:00
 

ギフト

卒園式の日。子供たちは先生に感謝の気持ちとして、プレゼントを持ってきました。

最初の贈り物は花屋の息子からでした。先生は箱に入ったギフトをちょっと振ってみて、「中身が何かわかったわ」と言いました。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア   タグ:
2011年04月21日 07:05
 

風刺画00
アートの世界にはいろいろな賞がありますが、オーストラリアにアーチボルド賞という肖像画の賞があります。

それをパロディにしたボールド・アーチー賞という風刺画の賞もあり、世間を騒がせたものを皮肉ったりユーモアを加えた風刺画が対象となっています。

そして2011年のボールド・アーチー賞が決まったのですが、あのウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジ氏のパロディ画でした。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア  海外ニュース
2011年01月29日 17:55
 

時計

「いけね、今日は大事な会議があるのを忘れてた!」

道を歩いていた男が右手に目をやると腕時計は止まっていました。これでは間に合うのかわかりません。

やがて精神病院の前に差し掛かると、患者がフェンスの近くを歩いていました。

男はこれ幸いと患者を呼び止め、「悪いが今何時かわかるかな?」と尋ねてみることにしたのです。


続きを読む

zeronpa | カテゴリ:ジョーク・ユーモア   タグ:
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。